自分のノートを販売!?テスト前にAriKiri Noteを使ってみた。

こんにちは!

期末テストが来週に迫ってきました。

すでに勉強を進めている人がほとんどかと思いますが、テストの度に問題になってくるのがノートですよね。

しっかり書いていれば何も問題は無い。

でも現実問題そうでもない。

そこで友達から借りるアテがあれば友達に見せてもらうこともできますが、毎度毎度借りたり写メるのも忍びない

しかも、その友達がノートを取っていなかったり、はたまた借りられそうな友達がいなかったら途端にピンチに陥りますよね。

そして、この時期になってなぜか友達が増える(意味深)と嘆く方もいらっしゃいます。

そこで、今回はノートに関する様々な悩みを抱える大学生を救う、画期的なノート共有サービスを見つけたのでご紹介させて頂きます!

Arikiri Noteは現在無期限サービス休止中です。

詳細は公式サイトをご確認ください。

テストが近くなると友達が増えるなぁ

「テストが近くなると友達が増えるなぁ」

いつもいつも僕の友達の天音さんがそうぼやいていました。

天音さんは普段の授業にも真面目に参加し、もちろんノートもきっちり取っている大学生の鑑

しかも、単なる板書の書き写しだけでなく自分で調べた事まで書き加えてあったりと、ノートとしての完成度はめちゃくちゃ高い。

なんなら売れそうです。

「正直見せるのは構わないんですが、手間とコストが結構かかります。」

そうぼやく天音さん。

僕もノートを見せてくれと頼まれた事がありますが、それは休んだ回を見せてくれと言われた程度の話。

全授業分を見せたり写メを送ったりするとなれば相当大変です。

一回の授業につきそこそこ枚数もあるので、場合によってはノート1冊に収まらない場合もあります。そんなボリュームのある物を、

ナマケLION
全部写メ撮って送って!!わら

などと軽々しく言われようものなら、違うノートの写メを間違って送ってしまう可能性だってあります(笑)

だって本当に面倒な上に自分にメリットが無いから!!!

ここでこんな事を言うのは筋違いですが、貸してくれと言う人が遊んだり寝たりその他の事をしている時間に頑張って書いたノートを無料で提供するわけですからね。

この世の不条理の欲張りセットだと思ってしまいます。

正直、お金で解決できれば誰も悲しまず、誰も困らないのになと思っていた時に見つけたサービスが「AriKiri note」です。

「AriKiri note」ってどんなサービス?

「AriKiri note」は、株式会社ExPAが運営している、大学生のノート共有サービスです。

ネーミングはアリとキリギリスのにまつわっていて「勤勉なアリ学生のノートをキリギリスがお金を払って買う」というスタイルをイメージしており、現状では東大・慶應・早稲田・明治の4大学に対応しています。

どんなノートがあるのか、早速試しに検索してみます。

トップページからこのようにタブで検索することができます。

そして、項目を選ぶとズラッと検索結果が出てきます。

おおっ!!凄そうなノートが早速出てきました。

授業ごとに検索ができるので、自分が取っている授業のノートがすぐに見つかります。

また買ったノートを印刷すればテストにも持ち込めるので、今からでもテスト対策に役立ちますね。

こんな感じで、

お金を払えば確実に良質なノートが手に入るのでコミュ力を駆使しないと得ることができなかったノートが簡単に手に入る。

さらに、自分のノートを出品したい学生はノートを出品することもできるので、今までは無料で友達に見せていたノートでお金を得ることができる。

まさに両者にとってWin-Winなサービスということですね。

しかも、卒業後も販売を継続する事ができるので、一度投稿さえしてしまえば、長期にわたり継続したお金を手にする事ができるとのことで、まさに画期的なサービスです。

早速、天音さんにこのサービスを勧めてみたいと思います。

用意するのはノートとスマホだけ!

アップロードに必要なのはノートとスマホだけです。

  1. アカウント登録
  2. ノートの撮影
  3. アップロード

この3手順で進めばOK!

順を追って簡単に説明させて頂きます!

アカウントの登録

まずはアカウントを登録します。

このように必要事項を順次入力していきます。

投稿&販売時のユーザー名はニックネームで良いため、匿名で販売できる点もメリットです。

ノートを撮る!

アカウント登録が完了したので早速ノートを販売してみようと思います。

「簡単に、きれいに」がコツ。

見開きではなく、1ページずつ撮影しましょう。

うまく進めれば2~3分で撮影が完了します。

また、Wordのファイルを販売することもできるので、パソコンでまとめていた人であれば更に簡単に販売することができますよ!

アップロード

いよいよ用意ができたファイルをアップロードします。

授業情報や金額などを入力していざ、送信。

ちなみにノートの販売金額は1000円~10000円の間で選択することができます。

ノートを買う人は現れるでしょうか…?

売れた‥‥‥!

ノートを出品してしばらくしてお知らせが届きました!

どうやらノートを買った方がいたようです。

出品したノートが売れるとこのように通知が来ます。

同時に、売り上げも反映されますが、この振り込みは月末締めの翌々月払いとなるので気長に待ちましょう!!

決戦は次のテストだ

いよいよ次の期末まで一ヶ月。

我こそはノートを提供するぞ!という学生も、ノートがない!やばい!という学生もぜひ「AriKiri note」を今すぐ使ってみてください!


ABOUT この記事を書いた人

Takayama

編集長の高山です。 今一番気になっているのは「分子ガストロノミー料理」。 一番欲しいものは学位記です。
Prime Student 学生限定
Penmark 時間割アプリ
SEARCH 記事を検索
RANKING 今、読まれている記事
TWITTER 公式アカウント