慶應生が作った合コンアプリ「Collon」体験談&使い方完全ガイド!

編集長の高山です。

あれだけ盛り上がった三田祭もとうとう終わってしまいました。

外はめちゃくちゃ寒いです。

自分は年末までのなんとも言えない雰囲気が好きなのですが、段々と一人で過ごすには孤独を感じて人肌恋しくなる時期にもなってきます。

こんな時期は、男女関係なく楽しく飲みたい!今年の辛いことは忘れたい!そんな気分なのに、

相手がいない・・・・・・・・!!

「それを言っちゃお終いよ」と、かの映画俳優に言われそうですが実際にそれは深刻な問題。

とはいえ、言い訳ばかり言ってられないので某Ti○derなんかを試したりもしてみましたが、いまいち奮わない。

だからと言って、あんまり不純な出会いも自分のポリシーに反するような気がする。。

無駄なプライドを抱えながら生きていたら友人のリツイートで良さげなアプリが目に留まりました。

その名も「Collon」

どうやら大学生同士のグループマッチングができるアプリらしい…。

「大学生限定だからなんとなく安心して良い相手に出会えるような気がする」

そんな下心を秘めながら、藁をもつかむ思いでさっそく試してみました。

非リア大学生の「collon」体験記

アプリをインストール

僕が見つけたのはこの「Collon」というアプリ。

大学生限定”ハイレベル”合コンマッチングアプリと書いてあったのでついつい気後れしてしまいましたが、慶應の男子なら問答無用で利用できるようなのでご安心下さい。

どうやら使える男性が”早慶以上”に限られているそうです。

女性も学生に限定されおり、ハイレベルな男女が集まる”東〇レデートの学生版”をどこかイメージさせます…。

また、しっかりiosとAndroidのどちらにも対応しているので、長らくAndoroidしか使っていない僕でも簡単に使い始めることができてしまいました。

最近はiosのみのアプリも多いので有難いですね。

念の為、アプリストアへのリンクもご用意しました。

iOS版

Android版

ダウンロードと登録、いいねなどは無料。基本的にはメッセージも無料で送れます。

加えて、有料プランも用意されているため、利用方法に合わせて使い分けることが可能です。

早速使ってみた

━プロフィール登録

最初はプロフィールを登録します。

まずは名前。ここはニックネームでOKです。

僕は22歳のおっさんなので、ミレニアム世代と入力したい気持ちを堪えて実年齢を入力。詐称はいけませんね。

この流れで大学名なども入力していきます。

そして、身長や自分のアピールポイントなども入力(任意)すると、あとは理想の合コンプランの入力に進みます。

ここで入力した希望は後々プロフィール画面に表示されるので、慎重に入力していきます。

━合コンの希望を入力

理想の人数の組み合わせや希望開催場所などを入力していきます。

すべての項目に「相談して決める」という選択肢があるのも良いですね。

また、アピールポイントなども選択肢の中から選ぶことができます。

ノンアルコールOKを選びました笑

そして、最後はプロフィール画像の登録です。

なかなかいい写真が無く苦労しましたが、なんとか入力が完了。

これで僕もCollonユーザーの仲間入りです!やったー!

また、Collonを最大限使うにはあともうワンステップ。

学生証の認証です。学生証の登録が完了すると、「大学認証」のアイコンが表示されるため、「学歴詐称」をしていないことの証明にもなります。

ということで、早速学生証の写真を撮影して送信。

程なくすると認証が完了し、

しっかりとプロフィールにこのアイコンが表示されました。

色々な使い方が可能?

さて、ここからいよいよ本格的にアプリを使っていきます。

Collonには2通りのマッチング方法があり、

①スワイプでのマッチング

②合コンのプランでのマッチング

この2通りとなります。

スワイプでのマッチングは個人対個人のいわばT○nderのようなスタイル。

そして、②の合コンのプランでのマッチングこそが「Collon」の最大の魅力です!

━プランを投稿

まずは合コンの「プラン」を投稿します。

今回は「合コンを開く」ということがメインテーマなのでひとまずプラン投稿で狙っていきたいと思います。

項目はこの中から入力することができます。

また、人目が気になる人のために、

「同じ大学の学生には表示しない」

というチェックポイントがあるのもツボを抑えていますね。

目的はこの中から選ぶことができます。

また、候補日もあらかじめ設定しておくと、予定が合った幹事同士でマッチングする確率が上がります。

━いざ投稿

神に願いを込めながらいざ、懇親のプラン「ぼくのかんがえたさいきょうのごうこん」を投稿します。

━1時間後‥‥‥

携帯が鳴りました。

どうせメルカリのいいね」とか、「誰々さんをフォローしませんか?」などの下らない通知だと思ってスワイプしようとしたらなんと「Collon」からだ!!!!

「マッチしました」

きたーーー!!ついに私の考えた合コンが認められたようです。

しかし、ここからがこのアプリの本番のようなもの。ここで気を抜いてはいけません。

実際に合コンの開催に成功!!

━幹事同士で挨拶。

まずはマッチングした女性に挨拶を兼ねてメッセージを送ります。

相手からも返信が来ました

合コンは一対一ではないので、招待するメンバー等をここで話し合います。

━メンバーを招待

僕は友達が少ないので編集部のメンバーを誘うことに。

招待するメンバーは「Collon」ユーザーであれば誰でも可能。

しかもこのアプリ、メンバー同士でやり取りすることもできるのが最高だと思いませんか?

メンバー全体でグループトークが出来るだけでなく、男性だけのトークもあるので事前に誰が気になっているかの話し合いもアプリ内で出来てしまいます笑

━いよいよ当日!

いよいよ当日。

グループメッセージで挨拶をして、夕方になるのを楽しみに待ちます。

そしていよいよ!

待ち合わせの時間が近づきました。

最寄り駅に到着。

男子勢で合流し、鬼退治に行くような勇ましくも怖気づくような感覚で待ち合わせ場所へ向かいます。

すると、、、、

数分ほど女性陣の到着が遅れたので少しだけ心配しましたが、問題なく合流することが出来ました!しかも全員美人!!

今回はお相手の女性が顔出しNGのためイメージ画像で失礼しますが、実際に会えた方もこの写真に負けず劣らずきれいな方でした。

なんと素晴らしいことでしょう。

一人だったら僕も敵前逃亡していたかもしれません。

あらかじめ男性陣で打ち合わせしていたのでお店への案内もスムーズに行えました。やはり何事でも事前準備が大切です。

そして、乾杯。

思わず訪れた僥倖により、とても寒い日でしたがそんなことも忘れさせるような心温まる一日になりました。

iOS版

Android版

実は慶應生が開発・運営をしている!?

「Collon」には大変お世話になったのでちょっと興味が湧いて調べていました。

そうすると、過去のPRTIMESの記事を発掘。

なんと、現役慶應生が企画・開発・運営全てに携わっているとのこと。

これはペンマークとして放っておく事はできません。早速話を伺うためにアポを取り付けました。

「Collon」開発秘話

PRTIMESにも登場していた佐藤北斗さんに、貴重な時間を縫ってインタビューをさせて頂きました!

北斗さんのプロフィール

項目 詳細
学年・学部 商学部3年(休学中)
好きなマンガ アオアシ・キングダム、左利きのエレン、亜人
好きな二郎 ひばりヶ丘、関内、神保町
誕生日 1996年4月25日

余談ですが、漫画と二郎の話でも盛り上がったので、そちらもプロフィールに追加しました。

インタビュー

━今日はお忙しい中ありがとうございます。

ありがとうございます。宜しくお願い致します。

━「collon」の勢いが凄いですね。なぜ、佐藤さんはこのアプリを作ろうと思ったのですか?

正直に言ってしまうと、世の中の合コンのサービスが “イケていなかった”ためです。

━イケていなかった‥‥例えば、どんな感じでしょうか?

僕自身、合コンが好きで幹事として開催することがあるのですが、その際友人や知り合いを誘って開催していてもいつか限界がきてしまいます。

そうした時に、これまで関わりがなかった人とも合コンを開催したいと思い、様々なアプリやWebサービスを使ってみたのですが、どうも使い勝手が悪かったり、そもそも30・40代向けのガチな恋活アプリだったりという問題がありました。

━確かにそうですよね。友達が少ない人はそもそも誘われないし誘う人もそんなにいないですし。

そうですね。それはすごくもったいない事だと思っています。

実際に、僕の回りでも合コンはしたいけど誘う相手がいないという意見が多かったというのもあり、 合コンのマッチングの仕組みをより学生向けにアップデート出来れば思い、こちらのCollon(コロン)を作りました。

━ちなみに、「collon」はどんな方が作っているんですか?

一部卒業したメンバーもいますが、基本的には早慶中心のチームで企画・運営を行なっております。

僕はその中で、戦略・マーケティング・UI/UXデザインなどの分野を担当しています。

開発者が語る「collon」の魅力

━続いては「collon」の佐藤さんイチオシのポイントを教えてください!

大きく分けて3つあります。

  1. ハイレベルな男子大学生限定
  2. マッチングの仕組み
  3. グループトーク

この3つですね。

1について、現時点で利用対象としている学生は

東大生・慶應生・早大生・医学部生

に絞っています。

利用する女性側も、高学歴男性とマッチングできるというメリットがあるのでここは推しているポイントですね。

大学生版”「東〇レデート」”をイメージしていただくとわかりやすいです。

2についてですが、

「collon」には2つのマッチング方式があり、

機械学習で毎日最適なユーザーがレコメンドされる方法による”ユーザー”同士のマッチングと

合コンのプランを投稿して直接相手を募集する方法による”プラン”によるマッチングの2種類です。

ただ、機械学習に関してはまだまだデータが少ないので、今後のアップデートで精度を上げていきたいですね。

また、3に関しては、

LINEのグループトークをイメージして頂くとわかりやすいです。

マッチング後に合コン開催が決まったら、男性・女性がそれぞれメンバーをグループ内に招待してやり取りが出来るというサービスが「Collon」には組み込まれています。

これにより、相手側がどんなメンバーで来るかといったことや相手の趣味や好物などの情報をあらかじめ知ることができるので、当日の自己紹介の気まずい雰囲気などを一切感じる事がなくスムーズに会を進めることができるのでイチオシですね。

また、初対面で合コンをすると話題を如何にして引き出すかがポイントとなりますが、

こちらの機能を用いることで、面倒な駆け引きを行わず当日の会話についても一歩踏み込んで相手と仲良くなることも可能です。

男性と女性限定のトークルームもあるので、どの相手が気になるかの相談もアプリ内で可能です。

iOS版

Android版

安全でクリーンな出会い

さて、ここまででもうインストールしようとしている人も中にはいるかもしれませんが、「collon」はそれだけじゃないんです。

━佐藤さん、マッチングアプリで一番気になる安全面もしっかり対策されているんですよね?

もちろんです。

どうしても負のイメージが先行しやすいこの業界ですが、少しでも「安全・安心」というポイントを増やし、はじめてマッチングアプリを利用する人にも使い始めやすいシステムにしています。

━それでは、詳しく教えてください!

では、項目ごとに説明させて頂きます。

1.学生証による年齢認証の徹底

学生以外の利用を確実にブロック。その際登録している大学名と一致しているかどうか確認します。

また、同時に年齢確認を行い、未成年でないかどうか、またふさわしい年齢であるかどうかを1つ1つ自社内でチェックしています。

2.ニックネーム(匿名)登録制

アプリは実名では無く、匿名で利用が可能です。

匿名(ニックネーム)での登録を義務付けているので相手に本名がバレてしまうことはありません。

3.24時間365日の管理体制

ユーザーから通報があった場合はすぐさま事実確認を行い、悪質なユーザーは排除していきます。

そのため、トラブルを未然に防ぐ他、常に健全な利用者のみとマッチングできる仕組みになっています。

4.インターネット異性紹介事業届出済み

届け出をせずに違法に運営されているマッチングアプリも多いのですが、「Collon」では、インターネット異性紹介事業の届出を公安委員会に提出しており、警視庁の認可を得た上で運営しております。

━かなり安全面には気を使っているようですね。ちなみに、北斗さんとしてはどんな人に一番使って頂きたいと考えていますか?

安全面の配慮についてはほかのアプリよりも何倍も力を入れている部分なので、今までは

「マッチングアプリは使う勇気が出ない」

と思っていた人にもぜひ使って頂きたいですね。

人と話すのがあまり得意ではない方にとっても、複数人出会うことによって気軽に出会いを楽しんで頂けるようになるかと思います。

また、僕も慶應生なので、個人的にはぜひ慶應の男性に使って欲しいと思います。

まだリリースしたばかりなので、競合が少ない今がチャンスだと思います笑

iOS版

Android版

━最後に、今後の展望を教えてください!

今はわかりやすく早慶以上のハイレベル学生に限定しているのですが、

大学をもっとオープンにして大学生がもっとカジュアルに繋がれるようなマッチングアプリにしていきたいと考えています!

━佐藤さん、お忙しい中ありがとうございました!

あとがき

今回はこんなアプリを同じ大学内で作っている人がいるということが本当に驚きでした。

マッチングアプリというとどうしても使うことに抵抗があったり、運営が不透明だったりすることが気がかりですが、こんなに身近で運営されていると知ると親近感が湧くとともに安心感もひとしおです。

しかも、合コンがこんなに簡単に開ける事を知ってしまったらもう寂しい飲みはこれからできないかも知れない。

そんなふうにも感じさせるカジュアルなアプリでした。

今後も様々なサービスの拡大等があるようなので、期待しながらこれからもお世話になります!

■アプリはこちら!

iOS版

Android版

トップページへ

他の恋愛関連の記事はこちら!

 

ABOUT この記事を書いた人

Takayama

編集長の高山です。 今一番気になっているのは「分子ガストロノミー料理」。 一番欲しいものは学位記です。 最近中古のミニバンを買ったのでキャンピング仕様にカスタムしてみます。
RANKING 今、読まれている記事
TWITTER 公式アカウント