勉強も遊びも全力で!慶應経済の「塩澤ゼミ」が人気の理由を元代表から教えてもらった。

皆さんこんにちは!ライターのふみのりです。

今週もやってきました。「塾内団体のすゝめ」第2弾!!!前回はインカレサークルを紹介しましたが、今回は少し真面目な団体を特集します!

今回ご紹介するのは、「塩澤修平研究会」という経済学部のゼミナールです!

ゼミってなに?どんなことするの?と思っていた塾生の皆さんはこの連載を参考にしてみてくださいね!

それではいきましょう!

ゼミ基本情報

項目 詳細
ゼミ名 塩澤修平研究会
分野 理論経済学(経済学部)
人数 36名
Twitter @keio_shiozawa

代表者インタビュー

それでは自己紹介からお願いします!

増子航です!今経済学部の4年生です。長所は顔、短所はそれ以外です!塩澤ゼミでは去年まで代表を務めていました!

ゼミの研究内容を教えてください!

塩澤ゼミでは理論経済学を学んでいます。塩澤教授の専門領域である現実の経済現象を分析する手段としての理論経済学や金融問題の理論的分析を中心とした演習をやっています!

取り上げる文献としては、理論的分析手法の基礎を身につけるもの、金融の実態を扱ったもの、日本経済あるいは国際経済の概要を把握するためのものなど、幅広い分野の文献を扱っています!

1年間の活動スケジュールはどんな感じですか?

最初の数カ月は3年生はミクロ経済学に関する英語文献の輪読を行い、各自要約などを行って発表します。同じ時期に4年生は卒業論文のテーマ発表を行います。

6月頃からは3年生は最初のパートが論文発表を行い、その後は夏合宿・三田祭・オープンゼミの時期に順番に論文制作を進めています。

秋学期は4年生の卒業論文制作も本格化していき、その他、GD(グループディスカッション)やミクロ演習なども実施されます。

ゼミの夏合宿では何をやるんですか?

二泊三日で長野県に行き、研究課題の中間発表などをします。また、スポーツや懇親会もあるので、勉強と遊び半々くらいです!

ではゼミの有名人を紹介してください!

有名人は、ケビンくんです!いつも陽気で、塩澤ゼミのムードメーカーです!

ここが凄い!ゼミ自慢は何ですか??

ゼミのOBの皆さんが各業界で活躍していて、就職活動の際に相談に乗っていただけることです!

また、創立31年目という慶應屈指の歴史を持つゼミでもあります。

なぜ増子さんは塩澤ゼミに入ろう思ったんですか?

一番の理由は、塩澤ゼミの「よく遊び、よく学べ」というモットーにとても共感したからです!

また、仲のいい先輩が塩澤ゼミに所属していたことも大きな決め手です。

最後に入ゼミを考える方々にヒトコトお願いします!

皆さんこんにちは!塩澤ゼミの増子です。

勉強も遊びも充実させたいという人には、ぴったりの楽しいゼミです!!

今年は11/10(土)に三田キャンパスでゼミ説明会が開催されるので、少しでも興味のある人はぜひきてください。

インタビューしてみて

今回は慶應のゼミを特集しました!僕は現在2年生で、ゼミの活動内容など分からないことが多かったので、インタビューさせていただいて、とても勉強になりました。

ゼミ選びの際は参考にしたいと思います!2年生の皆さんもゼミ説明会に是非足を運んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます!それではまた来週!!!

ABOUT この記事を書いた人

fuminori

Penmarkで編集長をやっています。二留して現在三年生、経済学部ですが未だにミクロとマクロの違いも分かりません。趣味は浪費と温泉です。ライターに興味があればいつでもDMください!
RANKING 今、読まれている記事
TWITTER 公式アカウント