夏の東京湾納涼船はナンパ祭り??慶應生の納涼船の楽しみ方。

こんにちは、ライターの川村です。大学生の夏といえば、花火にBBQ、海水浴にそして、納涼船!

夏の風物詩でもあり、大学生の楽しめる要素がすべて詰まった納涼船。

皆が憧れる納涼船ではどのような楽しい場面が繰り広げられているのでしょうか。潜入調査してきました。

納涼船の基本情報

今回は、僕の所属するサークルの友達と一緒に行ってきました!写真は10人ほどですが、20人で行きました。

項目 詳細
納涼船 東京納涼船さるびあ丸
出航場所 竹芝ターミナル
金額 乗船券(フリードリンク)2,600円 浴衣着用1,000円引き
URL 東京納涼船

浴衣で1,000円引きという早速ウェイ船の洗礼を受けました、、、。

大丈夫です!しっかり前情報を手に入れて、ウェイのドレスコードである浴衣は着ていきました。

長い長い列に並び、さっそく入ってみると、、、

まるでクラブ!!!音楽ガンガンでバイブスが上がってきました!!でもところどころから、どうやって声を出しているかわからないような尋常ではないボリュームの「乾杯!!」が聞こえてくる。こわい。友達の陰に隠れます。

するとその友達たちが突然周りを巻き込んで「乾杯!」と大声で叫び始めました。

周りに味方はいないと観念しました。

イベントホール(?)にて浴衣ダンスを披露

ふと冷静に周りを見渡してみると、某バドサークルの友達発見!!慶應生はすぐ納涼船に乗るなあと改めて実感。

帰属意識マックスで慶應生顔をし始めます。

皆さん気を付けてください。波を見ると酔います。それも色々な酔いです。

落ちないように気を付けてください。

早速気になる女の子に声をかけてみた

外を見ればとてもきれい!夜景をたくさん見て、綺麗だね、なんてありきたりの会話をしてみたり!

1時間45分も時間があるのだから、当然ナンパも仕掛けます。慶應生ですから。

まずは、熱風を自分に送り続けている小型扇風機を持った、理容師さん!とても話すのがうまくて完全にはまってしまいました。

一応聞いてみました。

Q:「その扇風機って涼しいんですか?」

A:「ないよりはましです。」

知っていました。

降りた後はまた別のお姉さん二人に。理容師さんってたくさんいるのでしょうか。

大学を聞かれたので、秘密にしてきました。聞かれてホイホイ大学名を答えるのは、慶應生の恥です!

年上だったので、相手にされませんでしたが、写真だけ。

僕達がナンパしたのは三人だけですが、船に乗っているたくさんの怖いお兄さんたちは、たくさんナンパして、たくさん難破してました!納涼船なのに縁起が悪いですね。

転覆した時は間違いなくお兄さんたちのせいです!

ちなみに僕が所属しているサークルの女の子たちは、一人平均5回はナンパされていたので、やっぱり多いかも。

船に乗る前にめっちゃナンパされたそうなので、一緒に納涼船乗りたかったのかな?

サークルで行く場合の男子諸君は女の子をナンパしてばっかりいないで、女子を守ってあげて!

※ナンパという行為は時と場合によっては相手にひどく不快な印象を与えます。特に強引なナンパは社会的に許されるものではないので、気を付けましょう。

この納涼船、無限に良い写がとれます。浴衣というのポイントが高いですし、クラブのような雰囲気なので、納涼船はサークルのイベントとしても最適なのではないでしょうか。

ただのドリンクを映えさせる方法はただ一つ、携帯のライトを下から照らすだけ。

中には個室の部屋やパーティ部屋もあり、サークルで使うならこのプランが正解なのかなと思いました。設備としては完璧ですが、やや少し暗い印象。一度迷うと友達と全然合流できない!

1階から5階まである船内では、祭りの屋台の様に食べ物の販売もされており、おなかがすいた状態で行っても困りません。

結局僕はほとんどの時間を、最上階で過ごしましたとさ。

納涼船に乗る前に!!ワンポイントアドバイス

チケットは事前予約必須です。またチケットを発券してから、乗船するまでに長蛇の列ができているので、早め早めの行動をした方が船内を多く楽しめます。

帰りの集合場所を決めておくとなお良いでしょう。

特にサークルで参加する場合は、友達とはぐれないように気を付けてください。ドリンクをもらいに行く時間が1番迷子になりやすいです。

友だちとはぐれずにどれだけ多くの映え写真を撮れるかで、納涼船の楽しさの度合いは変わってきます。乗船の前、下船の後は確実に集合写真を撮りに行きましょう。

納涼船を楽しんでみて

もはやこの納涼船、ナンパするされ・されるために生まれてきたようなものといっても、過言ではないでしょう。だからこそ、ある程度のマナーをもって乗船する必要があります。

注意事項が多くなってしまいましたが、納涼船企画はサークルのイベントとして最適ではないでしょうか!みんなで納涼船に乗って、普段は見れないあの子の浴衣姿にキュン♡というのも夏の風物詩。

皆さんも夏を楽しんでください!

ABOUT この記事を書いた人

kawamura

法学部法律学科2年。1番破りたい法律は、公職選挙法。タピオカで攻撃されて以降、タピオカ恐怖症。最近サークルが楽しい。ライターの同期できました!
RANKING 今、読まれている記事
TWITTER 公式アカウント