慶應生による、慶應生のためのフォトジェニックなオススメ旅プラン。

こんにちは。ツアーガイドの仕事をしながら慶應通信で学んでいるライターのTakayamaです。2月も半ば過ぎだというのに寒い日が続いてますね… 冬はあまり好きでは無いですが、寒い季節は熱いラーメンが旨い季節なので百歩譲って許します。

さて、冗談は程々にして、今回は慶應生のためのフォトジェニックなお出かけプランを、ツアーガイドという辛口な見地から厳選した観光地を織り交ぜて紹介する企画をお届け致します。できるだけ低予算でフォトジェニックなスポットも回って、美味しいものも食べて…となるとなかなか計画にも手間がかかりますが、今回は計画の部分を私が代わりに…と思いますので、これを元に是非、きれいな写真を皆様のものにしてください!

この時期らしい旅をしよう

2月、3月といえば何が思い浮かびますか?河津桜やスキー、色々ありますが、私は「ひなまつり」です。(笑)千葉県民として外せない(?)イベントの一つに「勝浦ビッグひなまつり」というものがあります。

元々、徳島県の勝浦町で行われていたビッグひなまつりのイベントでしたが、和歌山県・千葉県にも同様の地名があることから、「全国勝浦ネットワーク」というものを結んでいるため、この千葉県勝浦市でも行われています。

どんなイベント?

JR勝浦駅周辺の神社やお寺、公共施設などに約三万体以上のひな人形が飾られ、街全体がひなまつり一色に染まります。
特に遠見岬神社の参道である「富咲の石段」を、文字通りひな壇として活用した会場はとにかく圧巻です。

実際に行ってみよう!

実際に足を運んでみよう!ということで、日吉駅を起点として実際に回った場合のモデルケースを紹介しようと思います!やはり、旅は実際に行かないことには語れません。

8:00 日吉駅

おはようございます!日吉駅を8:00に出発。東横線で武蔵小杉駅に向かいます。

8:22 武蔵小杉駅

武蔵小杉駅で横須賀線に乗り換えます…ここの乗り換えはめちゃくちゃ歩くので既にしんどいですが、頑張って進みましょう。

8:22の横須賀線「上総一ノ宮行き」に乗ります。上総一ノ宮は勝浦駅のある外房線の駅なので、終点まで乗ってOK! リッチにグリーン車に乗っても良さそうですね。

10:14 上総一ノ宮駅

上総一ノ宮駅ホーム

向かいのホームに停まっている普通列車「安房鴨川行」に乗り換えます。勝浦駅までは30分ほど!
あと少しの辛抱です。

10:46 勝浦駅

勝浦駅ホーム

お疲れ様でした!勝浦駅に到着です!駅を出たらまずは遠見岬神社へ向かいましょう!

11:00 遠見岬神社

「遠見岬神社」と書いて、「とみさき神社」と読むこの神社。

通常時はこのように石段となっていて、登って参拝をするのですが、イベント期間中はこちらに圧巻のひな壇が設けられています。

こちらが、ビッグひなまつり期間中の石段の様子です!

遠い道のりを進んで来た価値がありますね……様々な角度から撮影しましょう!

また、ここ遠見岬神社にはもう一つ素敵なものがあります。

それは「勝男おみくじ」。

可愛らしいカツオの形をしたケースにおみくじが入っています。

たまりませんね。個人的なオススメです。

12:00 お昼ご飯

勝浦には沢山の名物料理があります。もちろん勝浦は漁師の街。海鮮も豊富ですが……、もう一つ、ここでしか食べることのできないグルメがあります。それは「勝浦タンタンメン」。漁師の方々の冷えた身体を温めるために、この地域に発達し普及した勝浦ならではのメニューで、ラー油ベースのスープが特徴。

また、勝浦タンタンメンの名は、商標などの関係から限定された地域でしか使用することができないため、まさにTHE・ご当地グルメ。せっかくならば味わってみたいものです。

ならばと、今回は遠見岬神社から歩いて3分の「本格中華 あまからや」さんにお邪魔しました。

店舗名 本格中華 あまからや
営業時間 (ランチ)11:00~14:30 (夕方)17:00~20:00
住所 千葉県勝浦市
アクセス 勝浦駅から徒歩6分 遠見岬神社から徒歩3分

 

お店の前にはのぼりがあがっていて、入店前からワクワクが止まりません。

こののぼりこそが、本物の勝浦タンタンメンがある証。

今回注文するのも、もちろん勝浦タンタンメンです。

勝浦タンタンメン

待つこと数分、テーブルにお待ちかねの勝浦タンタンメンが……

赤く澄んだスープが食欲をそそります。

スープが赤いのでめちゃくちゃ辛いのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、程よい辛さにコクがたっぷりでめちゃくちゃ旨いです。もちろんスープまで完飲しました。

これで寒い冬も乗り切れそうです。

引き続き勝浦駅周辺を散歩。

勝浦ビッグひなまつりは遠見岬神社以外にも沢山の会場があります。

時間の許す限りあちこち回ってみましょう。

また、離れている会場へはシャトルバスも運行されているので、時間を確認しながら効率的に回ることができます。

また、ひなまつりとは関係がありませんが、会場すぐ近くの浜辺には、熊野貴船神社の鳥居が立っており、こちらも非常に美しいです。

15:30 勝浦

さらにもう一つ、この地に来たならば忘れてはならない場所があります……。それは「月の砂漠」。勝浦から一つ隣の駅の「御宿」にあり、童謡としても知られている加藤まさを氏の「月の砂漠」のモデルとなったとされている場所です。(諸説あり)

こちらには月の砂漠記念館や、曲の世界観を表すようなラクダの像などもあり、フォトジェニックなスポットとしても人気を集めています。せっかく訪れたならばこちらにも立ち寄ってみましょう。

この二匹のラクダと海、この砂漠のコントラストこそまさにインスタ映えの真骨頂!夕方に訪れるとさらに雰囲気があって最高です。

17:08 御宿

お疲れ様でした。外房の旅もこれで終了。帰りはリッチに特急列車で帰りましょう。特急わかしお号なら、東京まで一時間半で着いてしまいます。

18:40 東京

わかしお号を降りて日吉へ。京葉線のホームに到着するため、横須賀線までは結構歩きます‥。

19:30 日吉

これだけ回っても、七時半に到着しました。やはり特急課金は偉大です。お疲れ様でした!

旅を終えて

まずは費用を確認しましょう。

  • 往路交通費‥‥2400円
  • タンタンメン代‥‥730円
  • 復路交通費‥‥4260円

合計‥‥‥‥‥7390円…!

なんと、これだけ楽しんで、美味しいものも食べて、フォトジェニックな写真も沢山撮って、一万円札でお釣りが帰ってきます。しかも帰りに特急列車を利用しなければさらにお安くなります!

なんとも懐にも優しいフォトジェニックエキシビションですね……。これは行くしかありません!!

是非春休みを利用して勝浦へ行ってみてくださいね!!!

イベントの詳細

開催期間 平成31年2月22日~3月3日(今年は終了しました)
会場 JR勝浦駅周辺
公式HP http://www.katsuura-sanpo.com/news/post-15821/

ABOUT この記事を書いた人

Takayama

住所不定の通信生。 暇な日はだいたい図書館かラーメン屋にいるせいか体重が右肩上がり。 ダイエット中です。 やっと新しいパソコンを買いました。
RANKING 今、読まれている記事
TWITTER 公式アカウント