【起業の全てがここにあり】学生起業スクール「WILLFU」は怪しい??特徴完全網羅の保存版!

大学生の皆さん、ウィルフをご存知ですか?

ウィルフは、

  • 現役経営者講師による実践的なビジネス指導
  • 大学とも提携している信頼性の高い起業スクール
  • 自分でビジネスを考え、プロのフィードバックがもらえる
  • 受講中に自分のビジネスで出た売上は全て自分のものに!

→公式サイト:https://willfu.jp

上記のような特色を兼ね備える起業スクール。

YouTubeやTwitter等でも積極的に情報発信を行っているため、「聞いたことはある!」という方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、WILLFUについて、

  • どんな内容?
  • 役に立つの?
  • 本当に起業できる?

といった疑問に答えながら詳しく紹介していきたいと思います。

ウィルフ(WILLFU)とは



ウィルフは株式会社ウィルフが運営する学生向けの起業スクール。

2013年にスタートしてから、約1000人を超える卒業生を輩出しています。

講師には、リクルートで新規事業を立ち上げた代表の黒石氏をはじめ、アクセンチュアやパナソニック等の超大企業で新規事業の立ち上げ等に携わってきた「ビジネスのプロフェッショナル」とも言える方が揃っています。

代表の黒石氏

講座は6カ月間のボリュームで、その期間に各業種3回の起業を実際に自分で体験しながら学んでいきます。

実際に自分が考えた事業内容に対してプロからフィードバックをもらえる超実践的な内容。

また、スポンサーには

  • サイバーエージェントグループ
  • LIFULL

等をはじめとする、7社以上の大企業がついておりWILLFUに入るにあたって、怪しいスクールに入ってしまうという心配は全くありません。

公式サイト:https://willfu.jp

ウィルフの講座内容



ウィルフでは、

  1. インターネット事業
  2. 対面販売事業
  3. イベント事業

以上の3業種について、合計3回上記の表で示した講座を実施します。

これには、それぞれフィールドが異なる事業を経験することで、新規事業のアイデアに繋がる経験を身につける目的があります。

①経営スキル学習

最初は座学で経営の基本を学びます。

特にスタートアップ企業が事業を運営する際に最も重要となる資金調達の方法や、ビジネスにおいて最重要なスキルであるマーケティングについて実際の経営者から学ぶことができるため、他では学ぶことのできないことを知ることができます。

②事業プラン作成

続いては実際に事業計画を立てていきます。

同期の参加メンバーと共にチームを組んでビジネスプランを作成するため、より実際の会社経営に近いスタイルで学ぶことができます。

③フィードバック

実際に自分が考えた事業プランをプレゼンします。

フィードバックをもらうことができるファシリテーターの方は、大企業で新規事業の立ち上げなどに関わった”生”の情報を持っているプロフェッショナル

事業について細かな質問をされるため、自分の考えた事業が本当に正しいかどうかしっかりと見てもらうことができます。

ウィルフのファシリテーターの方(一例)

常勤のファシリテーターの他にも、ベンチャーキャピタルなどからのゲスト講師も複数名おり、さらに現場の情報に基づいたフィードバックを受け取れます。

④事業実施

上記のフィードバックをもとに、自分で考えたビジネスを2週間かけて実際に運用していきます。

もちろん、実際の事業と同じように利益も発生するため、自分の頑張り次第で大きな事業にすることが可能な点はモチベーションにつながります。

また、受講期間中の事業で発生した利益は自分が受け取ることができるため、成功すれば大きなチャンスを掴むことも。

⑤振り返り

最後に実際に実施した授業の振り返りとチームごとのランキングを確認します。

ここで学んだことをまた次の事業に活かしながら合計3回の授業に挑戦し、ビジネスキルを身につける形の構成となっています。

ウィルフで学ぶメリット

①実践的なビジネススキルが身につく

ウィルフの最大の特徴は、実際に在学中に起業をするという点です。

他のビジネススクールでここまで実践的な内容を実施しているところはありません。

座学のみのものがほとんどであり、ここまでの実践経験を積む事はなかなか難しいもの。

また講師・ファシリテーターも現役の経営者や起業経験者が多く占めているため、生の声を聞くことが可能な点も講座を受講するメリットになります。

②売上が出れば自分の財産になる

講座受講中に実践する事業において発生した利益は、ウィルフが回収することなく全て自分の利益になります。

事業にかかる経費もここから運用していくため、実際の経営に近い経験をすることが可能です。

逆に赤字になった場合には、自分が負担する必要は無いので安心してください。

③起業しなくても就活に有利になる

もちろん起業スクールに入ったからといって必ず起業しなければいけないと言うわけでは全くありません。

ウィルフでは卒業生の2人に1人が企業をしているという数値があるため、受講生の半分は就職をしていると言うことになります。

その学生の就職先を見ても、ゴールドマン・サックスや三菱商事、アクセンチュアなど学生から人気の高い企業が多数。

学生のうちから新規事業の立ち上げを経験するという学生はほとんどいないので、就活をする際にも圧倒的に有利になります。

また、ウィルフが運営している就活サービス「ウィルフキャリア」への招待も届き、ここでは、

「新卒1年目から子会社の社長になれる」

といったような学生にとって魅力的な非公開求人を多く受け取ることが可能。

ウィルフ参加者ならではの特典ですので、参加して損はありません。

④人脈が構築できる

ウィルフに参加している学生は、新規事業を始める意識を持った学生ばかりです。

実際に、ウィルフ卒業後に1000万円以上の資金調達に成功して事業を運営している卒業生も存在するため、将来の経営者となる素質を持った人とも人脈を構築することができます。

早期の家からそういった関係を構築していくことで将来のビジネスにも役に立つため、有益と言えるでしょう。

公式サイト:https://willfu.jp

ウィルフは本当に信頼できるの?

受講する上で大切になってくるのはやはり信頼性。

怪しい会社の講座であれば受講する価値は全くないと言っても過言ではありません。

ここではウィルフが信頼できる2つのポイントを紹介します。

①大学と提携している

ウィルフの起業スクールは、

  • 金沢大学(国立)
  • 関西学院大学
  • 近畿大学
  • 産業能率大学

以上の4つの大学と提携しており、大学公認のプログラムにも採用されています。

参考:公式サイトより

ウィルフが怪しい企業であれば、大学(さらには国立大学)とは提携ができないため、ここからもその信頼性が窺い知れます。

②大企業からの協賛を受けている

参考:公式サイトより

ウィルフの起業スクールは、AbemaTV等で有名なサイバーエージェントグループをはじめとする大企業が出資しているため安心して受講することが可能。

また、上記の出資元企業から講師も定期的に派遣されているため、現役の経営者から生の情報を得ることができてしまいます。

無料体験授業に参加してみよう

ここまでは、実践的に学べる起業スクール「ウィルフ」について簡単に解説させていただきました。

ウィルフでは、無料説明会&体験授業をほぼ毎日実施しているため自分の都合に合わせて参加することが可能です。

説明会と体験授業の内容は以下の通り。

ウィルフに参加するかどうか迷っている学生はもちろん、起業に興味がある学生に最適な情報が充実しているため、参加するかはさておき、非常に有益な説明会となっています。

説明会の内容は以下の通りです。

1:起業のメリットとリスクとは?
①学生起業と社会人起業の違い
②学生起業家の金銭的リターン
③起業家学生のキャリア/就活

2:起業家になるために必要なものとは?
~先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと~

3:WILLFU STARTUP ACADEMYでできること

4:体験授業 「質がいい起業アイデアの創り方」(無料)

5:料金、日程、質疑応答等

公式サイトより引用

現在は新型コロナ対策の影響ですべてオンラインで実施しているため全国から参加することが可能

本来であれば、東京に足を運んで受講しないといけない内容を全国から受講できるチャンスは今しかありません。

こちらに今後の説明会実施日程が記されていますので、興味のある方はチェックしてみてください!

ABOUT この記事を書いた人

Takayama

編集長の高山です。 今一番気になっているのは「分子ガストロノミー料理」。 一番欲しいものは学位記です。
Prime Student 学生限定
Penmark 時間割アプリ
SEARCH 記事を検索
RANKING 今、読まれている記事
TWITTER 公式アカウント