非オシャレ慶應生がZOZOTOWNおまかせ定期便を使ってみた。

みなさんは、どこで服を購入しますか?おそらく店頭で試着したりしながら買うことが多いのではないでしょうか?

私もずっとそうしていましたが、最近ではショップに足を運んだり、自分に合う服を選んだりすることが非常にめんどくさいと感じてしまい、ついにインターネットで購入するようになりました。

もっぱらよく利用するのは、ZOZOTOWNです。社長の前澤さんが、イーロン・マスク氏と共に月へ行く計画を発表したことで、近頃はさらに注目を浴びています。

そんなZOZOTOWNの、「おまかせ定期便」というサービスをご存知でしょうか?このサービスでは、自分に合う服のコーディネートをし、家まで送ってもらえます。

自分で服を選ぶのはめんどくさいし苦手だけど、良い感じにまとめたいという方に大きく支持されているサービスです。

今回は、そんなおまかせ定期便の体験記を記していきます!

おまかせ定期便についてもっと詳しく

何ができるの?

よしなにコーディネートをしてくれます。コーディネートは、服の好みや、利用シーンなどの質問に回答すれば、あとは「おまかせ」して届くのを待つという形式です。

自分の体型の情報は、ZOZOSUITで計測したデータを使用しています。

どのくらいお任せするの?

質問項目は、だいたい10個くらいです。

今回定期便に求めるテイストや、利用シーンとイメージといった、コンセプトについて質問をされた後、

取り入れたくないアイテムや色、柄を選び、

予算感に回答し、

サイズや材質など、服の着心地についてこだわりを回答し、

それから、任意で顔写真や、twitter,InstagramなどのSNSを登録することで、その人のトータルの雰囲気からもコーディネートしてくれます。

そして、どのくらいの頻度で定期便で服を購入したいか選択することで、入力は完了です。

質問に答えていくだけで、こんなに簡単に服をチョイスできるなんて最高ですね!

また、届くときは数点が送られてきますが、その中で自分が気に入ったものだけを手元に残すことで購入となり、合わないなと思ったものは返却することができるので、変なものを押し付けられるということもありません。

実際に注文してみた

Penmarkでは、連載企画でオシャレな慶應生を取り上げています。しかし筆者自身は残念ながらオシャレには程遠く、たまに服を買いに行ったら、ずっとその服を着てしまう性格です。

それに服を選ぶこと自体にそこまで楽しみを見出だせていないですし、店頭で試着するのもとても面倒と感じてしまいます。

そんな私にとって、おまかせ定期便は本当に渡りに船のサービスでした。そのため今回は、実際におまかせ定期便で服を購入してみたので、その感想を書いておきたいと思います。全ての非オシャレ慶應生の参考になれば幸いです。

【KEIOコレクションVol.10】伊藤総哉(ミスター慶應2018ファイナリストNo.3)

2018.11.20

【KEIOコレクションVol.4】佐藤翼(商学部2年)

2018.10.23
こんなにかっこよくなりたいだけの人生だった……

私の要望

先ほどの「もっと詳しく」のページで載せている画像は私のスマホのスクショなので、チラチラと私の要望が見えていたと思います。

ざっくりまとめると、普段着無難なこと平均1万円程度のアイテム落ち着いた色がコンセプトで、あとはこれだけは来たら困るなというものにバツ印を付けました。

そして、最後に私がスタイリストさんに伝えた要望はこちらです。

私みたいな非おしゃれの要望を、ZOZOのスタイリストさんはきちんと反映してくれているのでしょうか……。

スタイリストと言っておきながら、実は昨今流行りの機械学習でリコメンドされた、微妙に私の要望とは違う服が届いたりするのではないかと不安になりながら、定期便が到着するのを待ちました。

届いた

大きなダンボールで、ついに先日、おまかせ定期便が到着しました(未撮影)!

その中に入っていたのは、注文した服や靴たち、それから今回のコーディネートについて解説した紙です。正直、服だけが届けられると思っていたので、解説書も一緒に届けられるとは予想外でした。

それでは、今回はどのような理由からこの服が選ばれたのか、見てみましょう。



めちゃめちゃちゃんと書いてくれている…!私がスタイリストさんに出した要望のことも折り込まれているし、スタイリストさんの腕を見せてくれるような選出もありました。

おかげで私は、5点全てを購入してしまいました。今まで自分で買ってきたものより高いですが、スタイリストさんへの相談料と、自分で服屋に行って選び、試着して購入するような面倒を考えたらお釣りがくるくらいです。

今回は本当にありがとうございました。3ヶ月後にまた送られてくるのを楽しみにしています!

ABOUT この記事を書いた人

みかん

川崎フロンターレを応援しているライターです。 良い記事を届けられるよう頑張ります。よろしくお願いいたします。 (トークルーム機能も備えている時間割アプリPenmarkもぜひよろしくお願いいたします。)
RANKING 今、読まれている記事
TWITTER 公式アカウント