慶應大学文学部民族学考古学専攻の進級・卒業条件について詳しく解説!

ここでは、文学部民族学考古学専攻の進級・卒業条件について詳しく見ていきます。この記事で慶應大学での学生生活の見通しを立てて、計画的な履修を組んでいってください!

卒業までに必要な単位

文学部では、卒業までに128単位以上取得し(英語を選択しない場合は130単位)、また卒業試験に合格することで卒業ができます。
履修上限は、1年次では52単位(半期30単位)で、2・3年次は48単位です。4年次には上限はありません。
基本的に1コマ2単位ですが、外国語科目や体育科目は1コマ1単位、実験科目は2コマで3単位と、特殊な授業もあるので、注意しながら履修を組みましょう。
民族学考古学専攻の卒業条件は以下の通りです。

授業科目の種類 単位数
総合教育科目 38単位
必修語学科目 18(20)単位
専門教育科目 72単位
合計 128単位

それでは、それぞれの授業科目について、詳しく見ていきます。

総合教育科目(38単位)

総合教育科目はいわゆる一般教養科目です。日吉でも三田でも履修することができますが、1年次に日吉でなるべく多く取得することが勧められています。

中でもさらに系列が分かれているので詳しく見ていきましょう。

人文科学系列の授業例
音楽Ⅰ/Ⅱ 歴史Ⅰ/Ⅱ
哲学Ⅰ/Ⅱ 文化人類学Ⅰ/Ⅱ
社会科学系列の授業例
教育学Ⅰ/Ⅱ 経済学Ⅰ/Ⅱ
地理学Ⅰ/Ⅱ 社会学Ⅰ/Ⅱ
自然科学系列の授業例
心理学Ⅰ/Ⅱ 人類学Ⅰ/Ⅱ
化学Ⅰ/Ⅱ(実験を含む) 物理学Ⅰ/Ⅱ(実験を含む)

この3つの系列は、卒業までにそれぞれ8単位以上取得していく必要があります。

また、系列外科目として以下のような授業もあります。

系列外科目の授業例
体育 人の尊厳
現代ビジネス論Ⅰ/Ⅱ ロシア文学Ⅰ/Ⅱ

系列外科目は必要な単位数は定められていないので、必ずしも履修する必要はありません。
これらの授業から合計で38単位以上を取得していきます。

必修語学科目(18単位)

文学部の外国語は、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、朝鮮語、イタリア語の7言語の中から2言語を選択します。

1年次には、英語は週に2コマで通年4単位、その他の語種は週に3コマで通年6単位で履修し、2年次は1年次に履修した2語種をそれぞれ4単位ずつ履修します。
そのため、英語を選択した人は18単位、英語以外で2語種を選択した人は20単位を取得することとなります。

専門教育科目(72単位)

専門教育科目は2,3,4年次に履修することができる科目です。

必修科目

授業科目の種類 単位数
民族学考古学原典購読Ⅰ・Ⅱ(要件科目) 4単位
史学概論Ⅰ・Ⅱ 4単位
民族学考古学研究法Ⅰ・Ⅱ(各1単位) 2単位
民族学考古学研究法Ⅲ・Ⅳ(各1単位) 2単位
合計 12単位

選択必修科目

授業科目の種類 単位数
民族学考古学特殊Ⅰ~ⅩⅩⅡのうち4科目 8単位
考古学Ⅰ・Ⅱ, 民族学Ⅰ・Ⅱ, 人類学概論Ⅰ・Ⅱ(いずれもセット履修)から4科目 8単位
日本史概説, 東洋史概説, 西洋史概説のうち2系列以上から4科目 8単位
合計 16単位

研究会

授業科目の種類 必要な単位数
民族学考古学研究会Ⅰ(A)~(E)・民族学考古学研究会Ⅱ(A)~(E)(各1単位, 要件科目) 2単位
民族学考古学研究会Ⅲ(A)~(E)・民族学考古学研究会Ⅳ(A)~(E)(各1単位, 要件科目) 2単位
合計 4単位

民族学考古学研究会は2年次から履修できますが、その場合は選択科目として計上されます。
3・4年次に4科目以上研究会を履修する場合も同様です。

選択科目
他の専攻の授業や他学部設置の専門教育科目を選択授業として32単位以上取得する必要があります。

進級条件

1年から2年

以下の項目を満たしていることで1年から2年へ進級できます。

1年から2年への進級条件
英語を履修している場合は26単位、していない場合は28単位以上の取得していること
英語は4単位中2単位、それ以外の語種は6単位中4単位取得していること

語学をフル単している場合には、総合教育科目で16単位取得していることで条件を満たせます。

2年から3年

2年から3年へは、必修外国語科目全てを取得していること、「民族学考古学原典購読購読Ⅰ・Ⅱ」の取得が進級の条件です。

また、「民族学考古学研究法Ⅰ~Ⅳ」はこの学年で修得することを推奨されている科目です。

3年から4年

同一担当者による「民族学考古学研究会Ⅰ・Ⅱ」の取得が条件です。

4年次

以下の項目を満たすことで卒業できます。

卒業条件
各科目の必要単位数を満たしつつ、128単位以上取得していること
「民族学考古学研究会Ⅲ・Ⅳ」を取得すること
卒業論文を提出し、卒業を認められること

4年次に留年した場合は、前年度ですでに卒業論文に合格していても再度卒業論文を提出する必要があります。

卒業論文は、「民族学考古学研究会Ⅲ/Ⅳ」の教授に提出します。
表紙の記載項目や、紙媒体で提出する際の製本の仕方には注意してください。

ABOUT この記事を書いた人

みかん

川崎フロンターレを応援しているライターです。 良い記事を届けられるよう頑張ります。よろしくお願いいたします。 (トークルーム機能も備えている時間割アプリPenmarkもぜひよろしくお願いいたします。)
RANKING 今、読まれている記事
PR プロモーション
TWITTER 公式アカウント