【ミスSFCファイナリストインタビュー・No.5】大滝小羽美さん

ミスSFCコンテスト、ENTRY5番は大滝小羽美さん!

どんなに忙しくても〇〇を欠かさないとっても家庭的な大滝さん。暖かみのある笑顔はまさに包み込むような優しさを感じてしまいます。

それではインタビュー!行ってみましょ〜!

プロフィール

項目 詳細
学部 総合政策学部
学年 3年生
誕生日 8月24日

インタビュー

〇〇は欠かせない

高山

大滝さん!よろしくお願いします。

まずは大滝さんの趣味や特技を簡単に教えていただけますか?

大滝さん

はい!

結構いろいろなことに興味があるんですが、、最近は料理にハマっています!

他には、バイオリンを3歳の時から習っていたので特技と言えるかもしれません。

あと、直近のマイブームはボウリングです!!

本当にこの1ヶ月ぐらいでボウリングにはまってしまって。今まではスコアが全然高くなかったんですけど、通いすぎてスコア149を出して自己最高点でした笑

高山

趣味がたくさんあっていいですね〜〜

特に料理を趣味と言えるのは素晴らしいです笑

自分も料理しますがどうしても楽な方に逃げてしまって、、、大滝さんはどのくらいのペースで料理をしていますか?

大滝さん

ちょうど半年ぐらい前から1人暮らしを始めたのですが、そこから毎日自炊をするというルールを決めて、忙しくて時間がない日でもちょっとしたものを必ず作るようにしています!

高山

お〜すごい。

自分はレパートリーが5種類ぐらいしかないので毎日はとてもできないです笑

大滝さんはどんなものを作っているんですか?

大滝さん

そうですね〜、、最初は私も限られたものしか作ってなかったんですけど、それに危機感を覚えて料理教室に通い始めたんです。

そうするとかなり幅が広がって、最初はコンソメスープしか作れなかったのですが今は中華風スープやミネストローネなどスープひとつでもかなりレパートリーが増えました!

高山

スープを作れるのってすごく余裕というか料理に対するモチベーションがあって素晴らしいですね、、笑

どうしても味噌汁とかスープって「作らなくてもまあいいかな〜」と思ってしまいがちなので笑

ちなみに自分が作る料理の中で「これは美味しいな」と思う料理はありますか?

大滝さん

自分の中で「好きだな〜」と思える料理はナポリタンです!

ナポリタンはかなり作り込んでて、最近では「カフェで出てきそうな味!」と自分でも思えるようになりました!

高山

ナポリタン美味しいですよね!

野菜を切るところから始めるとなかなか大変で奥が深いパスタだな〜と思います。

得意料理の一つ、ナポリタン!

自分を変えてみたい

食べてる時が一番幸せです♡

高山

今回大滝さんがコンテストに出場された理由を教えていただけますか?

大滝さん

私は、大学から慶應に入ったので中高は違う学校にいたんですけど、その頃からミスコンのファイナリストの方のインスタを結構見ていて。

その中で特にミスSFCの方の投稿が目に止まっていて、いいねをしたり投票したりしてすごく応援をしていました。

そこから私がSFCに入学できた時から「あの憧れの舞台にいつか立ってみたいな」という風にずっと思っていたことが大きな理由です。

私自身かなりシャイなので、「私が出て果たして人前で堂々とできるのかな」と思って今まで出ていませんでした。

ただ、ここで「そんな自分を変えたい」と思って勇気を出して今年挑戦してみました!

高山

素晴らしい理由ですね。

ただ、このインタビューでもとっても堂々と話されていてすごく素敵だなと思います。

大滝さん

ありがとうございます!

私自身もミスコンに出て自分が変わっていることを実感できるようになってきました!

高山

なるほど〜目標をバッチリ達成しているということですね!

ちなみに、お披露目から少し時間が経っていますが、実際にコンテストに出て楽しかったことや大変だったことは何かありますか?

大滝さん

もともと一人での写真を撮ってもらう機会が少なくて、SNSに投稿する写真や動画を集めるのが最初はすごく大変でした。

友達とご飯を食べに行ったりしても「写真を撮って!」と頼むのは結構勇気がいるタイプで、恥ずかしさも混ざって苦笑いみたいな写真になってしまって、、笑

最近では自分からもお願いしやすくなりましたし、友達も「写真撮ってあげるよ!」とすごく協力してくれて、、

その嬉しさも相まって心からの笑顔で写真に写れるようになりました!

高山

良い人には良い友人が集まるということですね、、素敵なエピソードですね。

大滝さんの笑顔は周りの人をも笑顔にする力があると思うので、配信や撮影などで顔を出す機会が多い中ではとても強い武器になると思います!

SFCでの学び

SFCキャンパスの雰囲気がとても好きです!よく友達と一緒に課題をやっています。

高山

SFCは非常に自由な学部だと思うのですが、実際に入ってみて良かったことや目指した理由を教えていただけますか?

大滝さん

私はもともと理系の学部に進もうと思っていて、理系の勉強をしていたんですが、勉強をしていく中でいろいろなことに興味を持ってしまって。

高校3年生の時に「いろいろ学びたいけどどの学部がいいんだろう?」と急に迷ってしまって、、、、

そんな時にSFCを知って、理系文系関係なく広く学べる学部だということを知って目指すことに決めました。

受験科目は数学を使ったのですが、入学してからは心理学から法律学、生物学など広く学ぶことができて、それだけ広い分野の知識を得ることができるのでそれがSFCの魅力です。

高山

なるほど、、自分も結構そういうタイプなんですよね、、

高校時代は理系を目指してたものの紆余曲折あって文系学部に進んでしまって、、

「SFCに転学部したいな〜」と考えていたぐらいで、、笑

大滝さん

そうなんですか?!

本当にSFCは色々学べるので、私はSFCに入って心からよかったなあと思っています、、!

憧れのステージから、さらなる高みへ

高山

残り少なくはなってきてしまいましたが、

大滝さんがこのコンテストを通じて表現したいこと今後結果を通して挑戦してみたいことはありますか?

大滝さん

今後ですか、、そうですね、、まだまだ結果が出ていない状態ではありますが、

結果次第ではさらに挑戦する機会をいただけることもあると思います。

自分をありのままに表現することの楽しさをだんだん実感してきている段階なので、もしそのような機会をいただけたら全力で挑戦してみたいと思っています!

私自身、ミスSFCコンテストにかける想いがすごく大きいんですよね。高校時代から憧れていたコンテストということもあって、今でもふと自分が「ミスSFCコンテストの一員なんだな」ということを考えてしまうんです。

それがすごく嬉しいことでもあり、まだまだ実感が湧かない部分ももちろんあるのですが、憧れのこのコンテストで良い思い出を残せるように最後まで全力で活動していきたいと思っています!

高山

素晴らしいお言葉で締めくくっていただきました。

憧れのステージ、、とても素敵ですね。

大滝さん、どうもありがとうございました!

投票・SNSについて

大滝さんの応援をしたい!という方はぜひ!今からでもまだ間に合います!

下のボタンから投票ページに進んで、ぜひ「#こうポチ」で応援してください!!

Twitterはこちら

ABOUT この記事を書いた人

Takayama

編集長の高山です。 今一番気になっているのは「分子ガストロノミー料理」 一番欲しいものは学位記です。
Penmark 時間割アプリ
Prime Student 学生限定
Magazine ペンマーク公式note
SEARCH 記事を検索
RANKING 今、読まれている記事
TAG 人気のタグ
TWITTER 公式アカウント