【楽単?フル単?なにそれ?】新大学一年生に送る履修の手引き決定版

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

大学という場は、高校とは比べ物にはならないくらい、「自由」で「楽しい」場です。

ただ、その自由や楽しさは全て自分で勝ち取るものであり、大学に入学することで自動的に与えられるものではありません。

四月には『戦争の縮図』あるいは『運命論の疑似体験』と形容すべき学生同士の抗争があり、この戦いで勝者になることが大学生活の明暗を分けるといっても過言ではないのです。

我々はその抗争を「履修」と呼んでいます。数多の研究者が戦術を模索していますが、未だに解は出ていません。(いや、その解は人によって多種多様と言うべきでしょうか。)

この記事では「履修」「単位」「エグ単」「楽単」「フル単申請」などの大学生ワードを解説し、人に先んじて「履修」戦争を対策するヒントをお伝えします。

履修の意味

大学生は高校生とは異なり、自分で時間割を作らなければならないという違いがあります。

月曜日の一限にはこの人たちの授業がありますよ、というような曜日別の授業リストを参照して、自分の受けたい授業を選ぶ作業を「履修」と呼びます。

と、ここまで聞くと「大学っていいな!」と思うでしょうが、それは理想論にすぎません。

実際は、残酷で非道な世界。履修というのは、大学生同士の血も涙もない凄惨な戦争なのです。

「単位」の意味

一般的に想像する「単位」はセンチメートルやキログラム、ニュートンなどですが、大学における単位は意味が全く異なります

高校同様、大学では、授業を真面目にこなすと半期ごとに成績がもらえます。成績はS、A、B、C、Dの五種類があり、C以上だと「単位」と呼ばれるポイントが貰えます。

大学の授業は1コマ当たり90分であり、体育実技や語学の授業では半期1コマこなすと1単位、実験教科では半期2コマで3単位、その他の授業は半期1コマ2単位もらえます。
このポイントを一定数貯めることで、卒業することができるようになります。

ただし、一年間に取得可能な単位は学部や語学クラスによって異なり、おおよそ48単位とされています。

また、卒業時に必要な単位数はおおよそ130前後です。(これも学部によって単位数が違うので、注意しましょう。)

「GPA」の意味

C以上で単位を取れるなら、全教科Cで良いのでは?と思ったあなたは要注意。

単位とは別に、成績には「GPA (Grade Point Average)」という指標があります。この指標を用いてゼミ選考や留学選考を行う場合があるので、なるべく高い評価を得た方が賢明です。

先ほども述べたように、成績にはS、A、B、C、Dの五種類があります。これらの評定に以下の数値を当てはめ、単位数(語学は1/通常は2/実験科目は二限連続で3)と掛け合わせ、その総和を総単位数で割ったものがGPAです。

評定 数値
S(素点が9割以上) 4
A(素点が8~9割) 3
B(素点が7~8割以上) 2
C(素点が6~7割以上) 1
D(素点が6割以下) 0

例えば、スペイン語の評価がS、社会学の評価がC、化学(二限連続)の評価がDだった場合、この三つのGPAは以下のように計算できます。

(4[S]×1[語学の単位]+1[C]×2[通常教科の単位]+0[D]×3[実験教科の単位])÷(1+2+3[総単位数])=1.0[GPA]

「楽単」「エグ単」「フル単申請」の意味

大学生活において、「楽単」「エグ単」「フル単申請」などよく聞く言葉があります。

「楽単」

楽単は「簡単に単位が取れる授業」であり、出席だけでSがもらえたり、基本Sは付かないけど出席しなくてもテストだけでCがもらえたり、成績の付け方は教授によって三者三様です。

「エグ単」

一方で、エグ単は「単位を取るのがエグい授業」で、真面目にやっても単位が付かなかったり、やっとこさ単位を手に入れるので一苦労だったりと、とにかく大変です。

「フル単申請」

また、一年に取れる単位には限界があります。その単位を限界まで取るために履修を組んで申請すること「フル単申請」と言います。

「履修」が「戦争」と喩えられる理由

当然のことですが、楽単は皆が取りたい授業なので、希望者が殺到します。教室のキャパシティに対して、希望者があまりに多いと、そこで戦争が勃発するというわけです。

そして、希望者が多い場合は「抽選」が行われます。神のみぞ知る運のゲームがこれからの大学生活を決める。とても恐ろしいことです。

いかに抽選を避けるか、いかに抽選で勝ち取っていくかは大学生活における最大の研究課題です。この最適解を求めることができたら、ノーベル賞に匹敵する功績だと言えるでしょう。

履修タイプを知ろう

履修の方法は大きく分けて三種類あります。

楽単優先派

卒業までの努力を最小限に抑えられる反面、抽選次第で単位取得難易度がぐっと上がる、いわゆるギャンブル型履修。

また、楽単を取ろうとすると、必修との兼ね合いで空きコマが激増する。空きコマを減らし、サークル、バイトを両立することもできるが、希望通りに行くことは少ない。

しかし、全部の抽選が通れば、花の一年間を過ごすことができる。オルタナティブ、二者択一の世界。

  • メリット:単位取得難易度が低く、一年間がとても充実する。
  • デメリット:希望通りに行く可能性が低い。空きコマの消化に困る。

時間割優先派

自分の予定を優先でき、(上手くやれば、)週に数回休みの日を作ることができる。しかし、楽単を選ぶと抽選によって時間割が崩れるので、妥協が必要である。

また、最悪抽選で落ちてもなんとか調整ができる1限・5限はそもそも開講授業が少なく、楽単率も低いため、自ずと楽単を履修できる可能性が低くなる。

さらに、楽単ではない教科は出席が必須であることが多い。

「気品の源泉」「智徳の模範」を目指す大学生としては、出席をすることは当然であるだろうが、それでも体力的に持たないことがある。時間割優先派の宿命である。

  • メリット:週3以上の休みが得れるので、生活バランスが整う。
  • デメリット:1日のカロリーが高く疲弊する。楽単がとりにくいしテスト期間がとても大変。

興味のある授業優先派

学生の鑑。しかし、興味のある授業が(図らずも楽単であったため)抽選になり落ちてしまうこともあるので注意。

しかし、抽選を通った学生を怨んではいけない。何もかも、自分自身の運がモノを言う世界なのである。

  • メリット:人生が充実するかも。
  • デメリット:空きコマが発生しやすい。希望通りにいかないこともしばしば。テストが大変かも。

さいごに

あなたはどのタイプの大学生でしょうか?

時間がある今のうちに履修のイメージを付けておくと、大学入学時に狼狽えることなく済みます!

次回からは、実際の履修の仕方にフォーカスしていきます。熟読して、花の大学生活を共に楽しみましょう!

ABOUT この記事を書いた人

モテる会話術のメルマガ登録したら、メールアドレス流失しました。レイバンのサングラス売る外国人と、国道沿いのファミレスで会いたがる女性と、刺激的なお姉さんに言い寄られてモテモテです!ありがとう!ふざけんな
Prime Student 学生限定
Penmark 時間割アプリ
SEARCH 記事を検索
RANKING 今、読まれている記事
TWITTER 公式アカウント