【ミスターSFCファイナリストインタビュー・No.5】クレイトンさん

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

ミスターSFCコンテスト、5人目はクレイトンさん!輝かしい銀髪と柔和な笑顔が魅力的なクレイトンさん!

そんなクレイトンさんは〇〇に込める思いが、、、!!

それでは、いってみましょう!

プロフィール

項目 詳細
氏名 クレイトン
在籍 理工学部
好きなもの 白衣

インタビュー

高山

クレイトンさん、本日はよろしくお願いします!

最初に、簡単な自己紹介をお願いします。

クレイトンさん

はい!理工学部化学科3年のクレイトンです!日系ブラジル人で、ポルトガル語と英語も少し話せます!

僕は白衣が好きなので、白衣を私服にしたいと考えていて、自分で染めたりして衣装を作ったりしています

高山

SNSのアイコンは白衣だったんですね!

おしゃれだったので気付かなかったです。笑

ちなみに、、先ほど日系ブラジル人と伺ったのですが、ブラジルに住んでいた経験があるんですか?

クレイトンさん

いえ、自分はずっと日本で、父親の生まれがブラジルなので、家ではポルトガル語、外では日本語という感じです。

保育園に入ると周りの人はみんな日本語で、うまくコミュニケーションが取れなかったので、そこから日本語を勉強して、今ではネイティブみたいな感じです。

早く習得できたのは運が良かったですね。笑

高山

大人になってからの習得はなかなか大変ですからね。

ミスターSFCについて

高山

ミスターSFCは多様性を重視しているコンテストなので、他の学部からの参加者さんも多いですが、クレイトンさんが理工学部から参加しようと思ったきっかけがあればお聞かせください。

クレイトンさん

実は僕、2年前にミスター慶應理工に出場してグランプリを獲った経験があって、その経験も生かしてもっと新たな環境で挑戦してみたいと思って出場を決定しました。

ミスターSFCは他と違い、自由度が高く、多様性という面でも非常に可能性のあるコンテストだと思っていたので参加を決意しました!

高山

今回参加してみて楽しかったことや大変だったことなどはありましたか?

クレイトンさん

自分が実現したいと思ったことに関しても、運営さんが丁寧に聞いてくれてすぐに行動に移すことができているので、フットワークが軽く柔軟な運営さんがいるというのは今まで経験したことがなくて楽しいなと思っています!

高山

なるほど、やりたいことができるのはいいですね!

逆に、大変だったことはありますか?

クレイトンさん

やっぱりコロナ禍ということで、ファンの皆さんと交流する場がなくなってしまったので、なかなか動きづらいなと思いましたね。

交流することで、ファンの皆さんのモチベーションアップにもつながるので、正直やりたかったですね…

高山

たしかにそうですね。撮影などもやりづらくなってしまいますからね。

頑張って乗り越えていきましょう!

白衣について

高山

白衣の魅力や、どうやって自分で作っているのか、教えていただければと思います。

クレイトンさん

はい、僕はもともと白衣はかっこいいと思っていて、ある時SNSにファッション雑誌を載せている人がいて「この服白衣っぽすぎて着れない」って書かれてたんです。そこから、どうやったら外でも着れる白衣ができるだろうと思ったのがきっかけで、まずは白衣を染めるところから始めました。

高山

なるほど、そういうことだったんですね!

どういう染め方をしているんですか?

クレイトンさん

タイダイ染めという方法でやっています!輪ゴムなどを使うことで、まばらに染まるものです。この柄がかわいいと思ってやり始めました!

高山

新しい画期的な白衣ができそうですね!

今後作ろうと思っているものとか、ありますか?

クレイトンさん

そうですね、まずは色のバラエティを増やしていきたいのと、何を残せば白衣と呼べるのかまだわからないので、最初は形をそのままにして素材を変えたりして実験していけたらなと思います!

今後もここ半年以内に10~20着くらい作って、いずれは販売したいと考えています!白衣という新しいジャンルが作れたらいいなと思ってます!

高山

いいですね!白衣が日常に溶け込むのはなかなか新鮮なので、多様性という部分に関しては大きく影響しますね!

クレイトンさん、ありがとうございました!

SNSはこちら

ABOUT この記事を書いた人

学部4年、ライターの小林です。 2022年はやること盛りだくさん。適度に休みつつ頑張ります。
Penmark 時間割アプリ
Prime Student 学生限定
SEARCH 記事を検索
TWITTER 公式アカウント