【慶應生のバイト事情Vol.1】溝口恵子さん(文学部3年)

皆さんこんにちは。

さて突然ですが、皆さんはバイト代が入ったらまず最初に何をしますか?

私は次の給料が入ったら前から気になっている謎の料理、分子ガストロノミー料理を食べに行こうと思っています。

申し遅れました、ライターの高山です。

さて、今回は大学生活とは切っても切れない”アルバイト”のことについてリサーチしてみました。

大学生活では、食費、交際費、洋服代、交通費、就活費など、嫌でもお金がかかることがたくさんありますよね。

さらに私みたいに常に欲しいものリストを作成して眺めているような人にはお金はいくらあっても足りません。

そこで、皆さんも、お金が欲しい!と思ったら、まずはアルバイトという手段を考えるかと思いますが、

いざタウ◯ワークや、バ◯トルなどを見てもなんだか種類も多いし業務内容もよくわからなくてやる気がわかん…..。これ以外のバイトは無いの??と思いませんか?

そこで、今回は身近な慶應生がいったいどんなアルバイトで日々の生計を立てているのか、そのバイト事情を具体的な内容まで徹底取材!

どんな経緯でそのバイトを始めたのか、実際にやってみてどうだったのかなど、気になることはすべて網羅しましたので、これからバイトを始めようとしている人も、今のバイトに不満がある人も、もっと稼ぎたい人もさっそく記事へレッツゴー!

今回質問に答えてくれる方をご紹介

今回質問に答えてくれたのは、文学部三年の溝口恵子さんです!

なんと3つのバイトを掛け持ちしながら日々の大学に励んでいる彼女は日々どんなことをしているのか、徹底的に取材してみました!

某テレビ局の番組制作補助業務

まずは一つ目!

皆さんもよく知っている、あのテレビ局の制作補助業務です。

テレビ番組を作る上では、カメラに映らない部分の仕事も沢山あります。その一部分を担う仕事ではどんなことをしているのかご紹介します!

—バイト先基本情報

項目 詳細
ジャンル 番組制作補助
時給 基本給 1040円 深夜早朝手当有 交通費支給
勤務時間 日勤:10:00~17:00 夜勤:17:00~22:00 深夜:22:00~翌10:00
アクセスなど 勤務先最寄駅より徒歩15分

—業務内容を教えてください!

主にテレビ局内での番組制作の補助業務がメインです。具体的には、

  • 番組の編集責任者に放送原稿を届ける
  • フロア等の掃除、消耗品等の補充・交換などの日常業務
  • 放送に必要な用紙の配布
  • 電話対応
  • 過去に放送された原稿等のまとめなど

などが主だった業務になります。業務内容が多岐にわたるため覚えることは幅広いですが、しっかり仕事をこなしていれば身についてきます。

—バイトを始めたきっかけは?

もともと放送局に興味があったのですが、先輩から「番組制作の現場が見れるよ!」と聞いたため、このバイトを始めました!

—バイトで学んだこと・経験できたことは?

常に周囲の人の様子をチェックする癖がついたかもしれません。働いている人の必要なものがそろっているか、鉛筆がとがっているかなどを気にしているうちに身についた気がします。

ただ、「仕事内容から何かを学ぶ」ということよりは、その場の雰囲気や働いている人との会話などから学ぶことのほうが多いかも知れません。

たとえば、地震などの災害が発生し、番組に割り込んで臨時ニュースを流すことがありますが、その際の連携は本当にすごいです。普段は担当が別れている人たちも、一気にまとまってチームプレイ。

緊張した空気感の中、正確かつ迅速に情報を伝えようとする様子は非常に報道の意義を感じさせます。

—このバイトをしていて辛かったことはありますか?

22:00〜翌10:00で行う深夜勤が大変です。勤務時間内に仮眠の時間は設けられていますが、それでも睡眠不足になり、やはりしんどいですね…。

勤務終了後そのまま学校へ行き、3,4,5限の授業を受けることもあるので、その1日が終わったあとはヘロヘロになってしまいます。

でも、社員の方がとても優しく、「授業も頑張ってえらいね」と労いの言葉をかけてくれるので励みになっています。

—このバイトのおすすめポイントをお願いします!

  • 緊張感のある現場の空気を感じることができる。
  • 目の前で原稿を読む練習をするアナウンサーさんの姿などを見ることができる。
  • たまに有名人がいる
  • 社食が安くて美味しい

などがあります!

某有名出版社の編集補助業務

2つ目のアルバイト先について紹介します!

多数の雑誌や文芸誌などを発行している出版社の編集の補助の仕事で、私が働いている部署はWeb媒体の記事を扱う部署です。

—バイト先基本情報

項目 詳細
ジャンル 編集補助
時給 基本給 1000円 休日は手当有 交通費支給
勤務時間 平日11:00〜18:00
アクセスなど 勤務先最寄駅より徒歩5分

—業務内容を教えてください!

こちらも、編集部の補助をする仕事なので、覚えることも多く、難しいこともたくあんあります。

業務内容は大きく分けて以下のようなものになります。

  • 公開されている記事のPV数をチェックし、どの記事が人気があるかを調べる。
  • 書類を社内の各部署に届ける
  • おつかい
  • 電話対応
  • 記事を書く
  • 荷物の受取や発送など

非常にやることが多いですね。

しかし、記事を書かせてもらうこともあり、編集の仕事に携わることができてやりがいも高く、アルバイトというよりは、軽いインターンのような感じです。

—バイトを始めたきっかけは?

雑誌が好きで興味があったためです。このバイトは友人の紹介で始めました。

—バイトで学んだこと・経験できたことは?

指示されたことを正確に早く、臨機応変に対応することがまず一つです。

あとは、どんな記事がウケるのかを考えたり、そういった想像力を働かせたことを経験できるのも、この仕事の魅力ですね。

あとは、働いている人ひとり一人が個性的でそれぞれキャラが違うのですが、

例えば、会話の中で何かひらめいたら即実行に移してしまう人や、様々なことに気を配り、裏方の仕事を的確にこなす人など、仕事面でも人としても尊敬できる人が多く、たくさんのことを学ばせてもらっています。

—このバイトをしていて辛かったことはありますか?

わからないことを指示されたときが一番つらいかも知れません…。その都度色々な業務内容を指示されるのですが、その中には経験のないことややり方がわからないことなどもあります。

そういうときは、まず聞くのではなく、先に過去のメールや日誌などを漁ってやり方を調べるところから始めるので、時間がかかるのが大変です…。

もう一つは、電話対応…。他社からの電話を受けることが多いのですが、会社名を一度で聞き取れない時に何度も聞き返してしまったり…、その度に申し訳ない気持ちになっています。

—このバイトのおすすめポイントをお願いします!

  • 座って仕事をすることができる
  • 働いている方々が面白い
  • アルバイトとは思えないぐらい色々な仕事を任せてもらえる
  • 記事を書くのが楽しい
  • フリーランスで働いている方々のお話を聞いたりもできるので参考になる

などがあります!

家庭教師

3つ目です!最後に紹介するのは、大学生のバイトとして王道をゆく「家庭教師」です。

給料が高そう!というイメージを持たれやすいこの職業ですが、その実態はどんな感じなのか!?本当に給料は高いの?といったことも合わせてご紹介します!

—バイト先基本情報

項目 詳細
ジャンル 教育
時給 基本給 3500円
勤務時間 週2回 1回につき2時間 曜日や時間は都度相談。
アクセスなど 勤務先最寄駅より徒歩5分

—業務内容を教えてください!

私が対象としているのは、私立文系志望の高校三年生です。

勉強を教えながら、生徒さんのレベルやライフスタイルに合った学習スケジュールを自ら考え、それを家族の方に説明したりすることがメイン業務となります。

そのため、生徒さんだけでなくそのご家族とも連携をすることが重要です。

さらに、勉強に使用する教材もこちらで用意したり、確認テストなどで使用するプリントなどもこちらで用意する必要があるため、業務時間以外の準備も最低二時間ぐらいかかり、意外と大変ですね…。

また、教えるためには自分が十分に理解している必要があるので、そのための予習をしていると自分が受験生に戻ったような気分になります(笑)

それでも、生徒さんの成績が伸びたら嬉しいですし、生徒さんが主体的になって勉強してくれるのでとても教え甲斐があります。

アルバイトという感覚はあまりないですね。

—バイトを始めたきっかけは?

誰かに教えるのが元々好きだったので始めました。あとは、やはり慶應生の特権を活かすならこれかな〜と思って(笑)

—バイトで学んだこと・経験できたことは?

難しいことをわかりやすく噛み砕いて説明する方法を体得しました。相手の理解度にあわせて、こちらからの説明が一方的にならないようにするなど、臨機応変に対応する力は非常に重要なポイントです。

あとは、生徒さんの様子を見て掛ける言葉を変えることも大事なので、ささいな変化も意識するようになりました。

さらに、授業準備を計画的に行う必要もあるので、細かいスケジュール管理の力もついたように感じます。

—このバイトをしていて辛かったことはありますか?

自分自身が忙しくなると授業準備に時間が割けず、納得の行くクオリティが出せないことがたまにあり、そういうときは情けなくなりますね….。

なので、忙しいときは、そのときに触れられなかったことについて次回の授業でフォローすることもあります。

—このバイトのおすすめポイントをお願いします!

とにかくやりがいがあります。生徒がかわいいので、本当に合格させたいなと思うところです。

一緒に頑張っていくという感じがして、達成感が大きいですね。

アルバイトで稼いだ給料はどんなことに使っていますか?

主に、外での食事、習い事や交通費、美容院代などに充てています。最初のテレビ局でのバイト代をこれに充てていて、他の2つの給料は貯金に当てることが多いです。

就活にもお金がかかりますし、長期休みは旅行にも行きたいので….。あとは口座にまとまったお金があると安心するので、貯金は欠かさないようにしています!

インタビューを終えて

大学生活をこなしながら3つものアルバイトをこなすスーパー大学生溝口さん。

今回はそのパワフルな片鱗を見させていただきましたが、読み返してみると改めてその多忙さを感じますね。

初回から非常に濃い内容になってしまいましたが、次回もまたすごい仕事人大学生をを紹介できればと思います!!

ABOUT この記事を書いた人

Takayama

編集長の高山です。 今一番気になっているのは「分子ガストロノミー料理」。 一番欲しいものは学位記です。
Prime Student 学生限定
Penmark 時間割アプリ
SEARCH 記事を検索
RANKING 今、読まれている記事
TWITTER 公式アカウント