慶應大学法学部政治学科の進級・卒業条件を詳しく解説!

ここでは、法学部政治学科の進級・卒業の条件について解説をしていきます。この記事で、慶應大学での学生生活の見通しを立てて、計画的な履修を組んでいってください!

卒業までに必要な単位

法律学科では、卒業までに136単位を取得する必要があります。1学年の履修上限は48単位です。基本的に1コマ2単位ですが、外国語科目や体育科目は1コマ1単位、実験科目は2コマで3単位と、特殊な授業もあるので、注意しながら履修を組みましょう。
法律学科の卒業条件は、以下の表の通りです。

授業科目の種類 単位数
外国語科目 (必修) 16単位
人文科学科目 8単位
自然科学科目 8単位
社会科学科目 28単位
政治学科目 48単位
その他 28単位
合計 136単位

それでは、それぞれの授業科目について、詳しく見ていきます。

外国語科目(16単位)

外国語科目は、1コマにつき1単位です。

英語、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、ロシア語、朝鮮語の7つの中から2語種を選択し、1年と2年でそれぞれ4単位ずつ履修します。

しかし、ここで注意したいのは、1年次に履修した英語以外の語種の中でD評価が1個でもついた科目は、翌年は2年のカリキュラムに進むことができず、来日が確定してしまうことです。1年次の語学は1言語につき4コマありますが、その中の1個でもD評価が付くと、翌年に4コマ全て再履修しなければならなくなるので、2年次の必修語学と同時に履修できなくなっています。再履修で多く語学の単位をとった分は選択外国語科目として申請ができ、卒業単位に含まれます。
英語以外の語種は、4コマ全て同じ先生が担当するので、ペースが早く進んでいきます。また覚えることもとても多いので、気合いを入れて授業に臨みましょう。

1年次の英語は、2人の先生が春と秋に1コマずつ担当します。片方の先生はクラスにより自動で割り当てられますが、もう1人の先生は選択です。
ここで1コマでも落としてしまった場合は、2年次に履修することになる「英語第Ⅲ」の授業を多く取ることで補います。2年次に、1年生の英語の授業を履修することはできません。

人文科学科目(8単位)

一般教養科目の一種で、他学部の学生と一緒に授業を受けることがあります。
この科目だけは、担当の教員が異なれば、同一名称の授業を何度でも履修することができるのが特徴です。

人文科学科目の授業例
歴史Ⅰ/Ⅱ 地域文化論Ⅰ/Ⅱ
美術Ⅰ/Ⅱ 音楽Ⅰ/Ⅱ

自然科学科目(8単位)

この科目は、実験や心理学などの授業で取ることができます。実験は2コマで3単位となるので若干コスパは悪いですが、強い人気を誇る授業です。
なお、日吉でしか開講していない科目なので、最初の2年で取り切らないと自然科学来日ということになってしまいます。なるべく早く取り終えられると良いでしょう。

自然科学科目の授業例
物理学Ⅰ/Ⅱ(実験を含む) 心理学Ⅰ/Ⅱ
化学Ⅰ/Ⅱ(実験を含む) 人文科学特論Ⅰ/Ⅱ

社会科学科目(28単位)

社会科学科目は必修科目と選択必修科目があります。
また、通常の1コマで2単位の授業と、2コマ連続で開講されて、1科目につき4単位をもらう集中科目の2パターンがあるので履修を組むときに気をつけましょう。

必修科目
必修科目は全部集中科目で、以下の5科目20単位を取得する必要があります。

社会科学科目の必修授業
社会学 法学(憲法を含む)
経済原論Ⅰ 経済原論Ⅱ
憲法

基本1年次に開講し、経済原論Ⅱの授業だけ2年次に開講します。

選択必修科目
選択必修科目は、2つのグループに分かれます。
まず1つ目のグループですが、全部集中科目です。2年から履修でき、下の5科目の中から1科目4単位以上取得していきます。

社会科学科目の選択必修授業
民法Ⅰ/Ⅱ 行政法
国際法 刑法

続いて2つ目のグループは、三田で開講している授業で、通常のコマです。以下の6科目から、2科目4単位以上取得していきます。

社会科学科目の選択必修授業
経済政策Ⅰ 経済政策Ⅱ
財政論Ⅰ 財政論Ⅱ
国際経済論Ⅰ 国際経済論Ⅱ

政治学科目(48単位)

政治学科目は基礎科目系列科目の2種類に分かれ、合計で48単位以上を取得していきます。

まずは、基礎科目についてです。

授業科目 単位数 授業区分
政治学基礎 2単位 必修
政治理論基礎 2単位 選択必修
政治思想基礎 2単位 選択必修
日本政治基礎 2単位 選択必修
地域研究・比較政治基礎 2単位 選択必修
国際政治基礎 2単位 選択必修
合計 8単位

1年の春に開講される必修の「政治学基礎」の授業と、1,2年次に開講される選択必修科目から3科目6単位以上を取得することで単位を満たすことができます。

続いて、系列科目についてです。
系列科目は「政治思想論」「政治・社会論」「日本政治論」「地域研究・比較政治論」「国際政治論」の5つに分かれ、各系列で2科目4単位以上の取得が必須です。日吉で行われる授業も多いので、早めに取っておけると良いでしょう。
また、系列科目にはゼミの授業や「文献購読Ⅰ/Ⅱ」「演習Ⅰ/Ⅱ」という授業も含まれ、合計で48単位以上所得していきます。

以下の表は、5系列に含まれるそれぞれの授業の例です。

政治思想論
政治文化論 政治哲学Ⅰ/Ⅱ
民主主義思想論Ⅰ 現代政治思想Ⅰ/Ⅱ
政治思想論特殊研究
政治・社会論
行政学Ⅰ/Ⅱ アメリカの思想と政治
社会変動論Ⅰ 政治過程論Ⅰ/Ⅱ
ジャーナリズム講座
日本政治論
戦後日本外交史 日本外交史
近世日本政治史Ⅰ/Ⅱ 現代日本政治論Ⅰ/Ⅱ
古代日本政治史特殊研究
地域研究・比較政治論
アフリカ現代史Ⅰ 現代中国論Ⅰ
現代ロシア論Ⅰ/Ⅱ 中国法制史
アフリカ社会論特殊研究Ⅰ/Ⅱ
国際政治論
西洋外交史Ⅰ 現代ヨーロッパの国際関係Ⅰ/Ⅱ
現代国際政治Ⅰ 安全保障論特殊研究Ⅰ
東アジアの国際関係特殊研究Ⅰ

その他(26単位)

その他には、選択必修科目で必要な単位数をオーバーしたものや、プログラミングなどの情報処理科目、サッカーなどの体育科目の単位が入ります。

進級に必要な単位

条件は、その年で30単位取得していることのみです。4年次も特別に指定はなく、卒業単位を全て取得することで卒業ができます。

また、万が一30単位取得できずに原級となった場合も、復活制度により、秋学期から同級生と同じ学年に上がることができるので、1年遅れて卒業する人はかなり少なくなっています。

大学の公式の履修案内には、以下のリンクから飛べます。

ABOUT この記事を書いた人

みかん

川崎フロンターレを応援しているライターです。 良い記事を届けられるよう頑張ります。よろしくお願いいたします。 (トークルーム機能も備えている時間割アプリPenmarkもぜひよろしくお願いいたします。)
RANKING 今、読まれている記事
PR プロモーション
TWITTER 公式アカウント