3ヶ月で英語ペラペラ?巷で話題のスパルタ英会話に潜入してみた!

9月某日。我が家でゴロゴロしていたところペンマーク編集長から急遽呼び出しをうけた。

「スパルタ英会話って知ってる?今からそこの取材行くからついてきて!」

スパルタ英会話!?なんだその物騒な名前の英会話教室は。調べてみるとなんでもたった3ヶ月で誰でも英語がペラペラになるという短期集中型英会話教室らしい。

「英語がペラペラになったらなぁ」これはおそらく全日本人が一度は思い描く夢であろう。しかし、それは容易な事ではない。

筆者も、中学1年生から英語を学び始め早くも9年経つがペラペラどころか日常会話もままならないのが現実である。

つい先日も家族で海外旅行に行ったのだが、もうひどいもんで伝えたい事はなに一つ伝える事ができなかった。

受験英語のおかげである程度読む事はできるのだが、喋るとなると全く別で言葉が全くでてこないのである。同じ経験をしたことがある人は多いのではないだろうか?

そんな英語がたった3ヶ月でペラペラになるといのだ。まさに夢のような話である。

「行きます!!!!!!!!」

私は二つ返事で答えていた。場所は新宿3丁目にあるということで、光の速さで支度を済ませ家を飛び出し新宿へ向かった。

短期集中型英会話とは?

秘訣は徹底的な学習管理

新宿御苑から徒歩2分ほど歩くと、目的地であるスパルタ英会話のあるビルに到着した。

ビルのエレベーターで7階まで駆け上がり、ドアを開くとそこには異世界が広がっていた。

「英会話教室」と聞くとなんだか堅苦しいイメージがあったのだが、スパルタ英会話はまるで違った。

開放感がありオシャレな雰囲気のオフィスは全くもって堅苦しさはなくこれなら気軽に通えそうだ。

スパルタ英会話といってもなにがスパルタなのだろうか。それはどうやら徹底的な学習管理にあるらしい。

なるほど、これなら怠惰さに定評にある筆者でもやり遂げることができそうだ。

また、スパルタ英会話ではトリプルマンツーマンシステムを採用している。その中でもメインとなるのはネイティブの講師方とのマンツーマン授業であろう。

実際にマンツーマン授業を体験してみた!

そこで話を聞くだけではもったいないということで、なんと実際に体験授業を受けさせてもらうことに!!

「俺全く英語喋れないんだけど大丈夫かこれ、、」という筆者の心配をよそにあっという間にネイティブの先生とのマンツーマン授業がスタート。

授業のテーマは自己紹介。なんとたった30分の体験授業で簡単な自己紹介を英語でできるようにしてくれるという。

まずは質問に答える形で自分のプロフィール欄を埋めていく。そしてそのプロフィールから簡単な自己紹介をつくり先生のあとにならって発音していく。

これを何度も繰り返していくと自然と何も見ずとも自己紹介をスラスラ言えるように!

しかも先生の生きた発音を聞き取って覚えたため比較的ネイティヴに近い発音が身についていた。

引き出しの多さが重要

普段我々は「この英語正しいのかな、、」という不安から、正しい英語の知識を学ぶ以前に英語を人に話す勇気がなかなか持てないものだ。

しかし、今回のマンツーマン授業のようにネイティヴの先生の生きた英語をそのまま覚える事で、確実に正しいという自信を持った知識の引き出しを手に入れることができる。

このような引き出しをドンドン増やしていくことによって、自然と英語で会話のキャッチボールが可能になる、つまりは英語がペラペラになるというわけだ。

グループレッスンが通い放題!!

スパルタ英会話ではこのようなマンツーマン授業の他にも毎日通い放題のグループレッスンを設けている。

1日最大10時間のこのグループレッスンに積極的に参加する事で圧倒的な会話量を手に入れることができる。

大学生なら授業がない日に10時間レッスンを受けることも可能であろう。

これによって日本人が英会話を身につける上で最大の壁である英語への抵抗感を取り払えるのだ。

グループレッスンには様々の難易度、種類のものがあり、初心者の方でも参加しやすいシステムになっている。

最後に

どうだっただろうか。筆者も最初「3ヶ月で英会話をマスターできる」と聞いた時は正直疑心暗鬼だったが、実際に取材をして体験授業を受けさせてもらって確信した。

「これは本当に喋れるようになる」と。

講師陣の方々や受講されている方もアットホームな雰囲気で、これなら楽しみながら通えると感じた。

英語が喋れるというのは就活生や社会人に止まらず全ての学生にとって大きなメリットであることはいうまでもない。

それがたったの3ヶ月で手に入るのだ、こんなおいしい話はないだろう。

まずは無料体験レッスンを受けてみよう!

興味を持った方は下の公式HPでもっと詳しく見ることができるので是非チェックしてみて欲しい。

また、筆者が受けたのは簡易的な30分の体験授業だったが実際には90分の体験授業を誰でも受けることができる。

実際に体験するとそのスゴさが何よりもわかるので物は試しで1度受けてみることをオススメする。

ABOUT この記事を書いた人

atsuki

最近のマイブームは筋トレです。
RANKING 今、読まれている記事
PR プロモーション
TWITTER 公式アカウント