慶應の「モダンジャズソサエティ」なら、BarでJazzをSessionできるらしい!!

僕自身、音楽のジャンルの中でジャズが一番好きです。小さい頃から親にジャズのCDをよく聞かされていました。

どこが楽譜通りで、どこがアレンジやアドリブなのか素人である僕からしたら全く分かりません!しかし、あの枠にとらわれていない感じというか、自由さというか、とりあえず聴いているこっちまで楽しくなります!

ここまで長くなりましたが、本日はジャズをメインに演奏している塾内団体をご紹介します!

その名も「モダンジャズソサエティ」!!ジャズバーなどで定期的に演奏する、カッコいい彼らの姿をご覧ください!

サークル基本情報

項目 詳細
サークル名 モダンジャズソサエティ
ジャンル モダンジャズサークル
人数 43名
Twitter @keiomodernjyazz

代表者インタビュー

それでは自己紹介からお願いします!

経済学部2年の福田琢土です。モダンジャズソサエティでは代表を務めています。趣味は音楽全般で、もちろん演奏することも好きですが、聴くことも大好きです。他には、歴史が好きで日本城郭検定3級を持っています。

このサークルではどんな活動がありますか??

今のメンバーは43人で、年5,6回本番があります。あとは、ジャズバーなどで定期的に演奏しています。

依頼演奏も多く、最近では田町のイルミネーション点灯イベントで演奏をやったりしました。合宿では貸し別荘で音楽にどっぷり浸かります!

サークルに入ったきっかけを教えてください!

高校ではクラシックをやっていたのですが、ある時ジャズの即興のセッションに惹かれて気づけばジャズ一本になっていました。それでこのサークルを見つけて入ることに決めました。

このサークルで苦労したことはありますか?

コンテンポラリー、トラディショナルなどジャズには様々なジャンルがあります。それぞれのジャンルをやりたい人が違うので、まとめるのが大変でした。

モダンジャズソサエティのサークル自慢を教えてください!

人との繋がりが出来ることです!他大の学生とセッションする機会も沢山あります。高揚感があり、とても楽しいです。

あとは、このサークルができたのは1966年なので結構歴史があるんですが、最近まで組織だってなかったので、まとめるのに苦労しましたが、結構勉強になりました!

サークルの有名人を紹介してください!!

ビートメイカーの佐藤瑞起さんです。多くのイベントに参加しており、毎日のように作曲されています!彼は本気でプロのビートメーカーを目指していらっしゃいます!

最後に代表から新入生に一言お願いします!

ジャズは、自分でその場で音楽を組み立てるのですが、これは他の音楽にはないものです。その音楽をその瞬間に表現することが本当に楽しいんです!この経験ができるのはここだけです!

楽器に今まで触れてこなかった初心者の方々も、このサークルで是非お待ちしています!!

インタビューしてみて

今回はモダンジャズソサエティの方にインタビューさせていただきました。彼らの姿を見て昔、僕の実家にあったピアノでジャズを練習していたのですが、途中で諦めたことを今になって後悔しました。

彼らのようにジャズバーでカッコよくセッションしたい人生だったなぁ。新入生の方々はまだ間に合うのでぜひ入ってみては?また次回もお楽しみに!!

ABOUT この記事を書いた人

fuminori

Penmarkで編集長をやっています。二留して現在三年生、経済学部ですが未だにミクロとマクロの違いも分かりません。趣味は浪費と温泉です。ライターに興味があればいつでもDMください!
RANKING 今、読まれている記事
TWITTER 公式アカウント