慶應ビリヤードサークル「TightLuck」で大学生活のブレイクショットを決めよう!

「趣味はAmazonプ〇イム鑑賞です!」この一言のお陰で場はいつも凍り付きます。

「カッコいい趣味見つけたいなあ、、、」そう思った時、あるスポーツの存在を知りました。それはテクニック、運、そして頭脳を兼ね備えた球技のことで、その名も「ビリヤード」。

「陸の王者」と名高い慶應生にとって「ビリヤードが趣味」というのはまさに鬼に金棒なのではないか。よし、早速始めよう。いや、でも何から手を付ければいいのだろうか?そういう風に悩んでいるとあるサークルが僕に声を掛けてくれました。

今回ご紹介するサークルは慶應最大規模のビリヤードサークル「慶應ビリヤードTightLuck(タイトラック)」他大学の学生も幅広く在籍する彼らの実態を調査してきました!

サークル基本情報

項目 詳細
サークル名 慶應ビリヤードTightLuck
ジャンル ビリヤードサークル
人数 約40名
Twitter @tightluck2018

代表者インタビュー

まずは自己紹介をお願いします。

現代表で法学部3年の高本将宏です。一単位足りずに留年しました。最近は競馬にはまっています。

すごいです(笑)活動内容や活動頻度などを教えて下さい!

毎週水曜日、金曜日に元住吉にあるビリヤード場で練習をしています。参加は自由で多い時でも10人程度しかいないので、みんな各々のペースで練習しています!練習終わりにはみんなで食事に行くことも多く和気あいあいとやっています!兼サー先としてもおススメのサークルです。

楽しそうですね!合宿はありますか?

毎年2泊3日で茨城で行っています。毎年20人以上参加してくれて、基本はビリヤード、夜はバーベキューや花火などをして楽しんでいます!海が近いため、眺めも最高です。昼間には海に飛び込む人もいます(笑)

行ってみたいです!大会での実績や今後の目標を教えて下さい。

年に三度シーズンがあり、JPAという日本のビリヤード協会が運営している大会に出場しています。大会で勝利すると、上位リーグに上がれたり、商品券などの様々な特典をゲットしたりすることが出来、勝ち進むとラスベガスで行われる世界大会へ出場できる権利を与えられます。

日本五位というのがサークルでの最高の実績です。今後の目標は大会で優勝し、ラスベガスへ行くことです!

凄すぎる、、!ビリヤード初心者でも大丈夫ですか?

サークルの9割の人が大学に入ってから始めました!みんなすぐに上達するので安心してください。もちろん経験者の人も大歓迎です!練習を積めば初心者でもジャンプショットなどのカッコいい技を習得できるようになります。

安心しました!他大学でも入サーできますか?

大丈夫です。慶應はもちろん、フェリス女学院、東洋英和、横浜市立などの様々な大学の人達が所属しています!OBには早稲田の人もいます。ビリヤードを上達させたい人はもちろん、興味がある人は誰でも来てください。

すごいです!紹介したい人を教えて下さい。

鈴木謙吾さんです!ビリヤードの日本代表の方で、大学No.1プレイヤーです。プロレベルの人に直接触れ合えるのもサークルの自慢です。

最後に新入生に向けて一言お願いします!

上手くなりたい人はもちろん、興味がある人などなど誰でも大歓迎です!忘年会や食事会など楽しいイベントも盛りだくさんです。日吉で待っています!

インタビューしてみて

第一印象が趣味競馬の留年生という破壊力満点の代表。しかし、彼のビリヤードに対する情熱はそれを超える衝撃と興奮を僕に与えてくれました。あなたも社会人になってからもドヤれる特技を身に付けてみたくはありませんか?おっと失礼、、僕のブレイクショットの時間が来たみたいだ、、、それではまた次回!

ABOUT この記事を書いた人

こったい

商学部3年のこったいです!取材ライター、営業、のんびりをしています。最近の趣味は健全帰宅、0時前睡眠です。Webライターや営業に興味がある方は是非Penmarkへ!
RANKING 今、読まれている記事
PR プロモーション
TWITTER 公式アカウント