【KEIOコレクションVol.15】松尾翔悟(経済学部1年)

12月9日、重い部屋の扉を開けてそれはもう驚きました。

なんじゃこの寒さは!!!!

聞けば最高気温が一桁という真冬の寒さがすでに到来しているんだとか。

なかなかに薄着できてしまいましたが、今日はお気に入りの組み合わせの服装だったので服を変えるのは癪に思い、結局そのままの格好で出かけることにしました。

「オシャレは我慢」なんて言いますが、オシャレに限らず我慢って本当に大事なことだと日々感じます。

どんなに華やかな成功も、数々の我慢が積み重なって生まれるものです。そう考えてたらなんだか寒さも感じなくなってきた!、、、気がします。ちょっとだけ。

ってなわけで今日もいってみましょう!今週は経済学部1年の松尾翔悟くんです。

プロフィール

項目 詳細
氏名 松尾翔悟
学年 1年
学部 経済学部
生年月日 2000年1月20日
出身高校 厚木高校
身長 173センチ

アイテム紹介

カテゴリ 詳細
アウター LAD MUSICIAN 80,000円
トップス AURALEE 40,000円
パンツ used 6,000円
F-LAGSTUF-F 40,000円
バッグ SHAREEF 9,000円

オシャレの流儀

──今回のファッションのポイントを教えてください。

基本的にゆったりしたサイズ感のものが好きなので、今日もラッドのオーバーサイズのコートをメインに組み合わせました。あとはどこか普通ではない一癖あるアイテムを選ぶことが多いですね。

──今欲しいものはなんですか?

マルジェラのリングとシャリーフのダウン狙ってます。

プライベート聞いてみた

──バイトはしていますか?

日吉のナンバースリーと赤レンガにある飲食店で働いています。ナンバースリーは慶應の学生もよく来るので働いてて楽しいです(笑)

──趣味はありますか?

ほぼ週7でバイトしているので特にないです。バイトが趣味みたいな感じです。

──月にいくらくらい洋服にお金を使いますか?

月にだいたい10〜15万くらいですかね。バイト代はほとんど服に使っちゃいます。

──よく行く服屋などはありますか?

代官山のOとラッドやシャリーフの直営店とかはよく行きます。給料日後はいつもすぐ服屋に直行します。

──彼女はいますか?

いませんね。

インタビューしてみて

2000年生まれとはとても思えないアンニュイな雰囲気の持ち主だった松尾くん。月のバイト代のほとんどを服へと注ぎ込んでしまうほどの服好きの彼のファッションは、上級生顔負けの洗練されたものでめちゃめちゃかっこよかったです。

ミレニアム世代、恐るべし、、、、、、、。おじさんも負けないように頑張ります。次週はどんなファッションに出会えるでしょうか。みなさんお楽しみに!!!

オフショット

ABOUT この記事を書いた人

atsuki

最近のマイブームは筋トレです。
RANKING 今、読まれている記事
TWITTER 公式アカウント